今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ホビー・クラフト( 66 )


2015年 03月 10日

2015年3月10日 Oゲージの鉄道模型 ②  

鉄道模型を手にとってみると、細かい所まで精密にできていました。模型の入っていた箱には全て英語の表示がしてあったので、たぶん外国製の鉄道模型のようです。でも、最後の写真の貨車にはカタカナが書かれていますね。
b0341140_15495732.jpg
b0341140_1550718.jpg
b0341140_15502510.jpg
b0341140_15503948.jpg
b0341140_15505017.jpg
b0341140_1551108.jpg
b0341140_15514545.jpg
b0341140_15515964.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-03-10 18:30 | ホビー・クラフト | Comments(8)
2015年 03月 09日

2015年3月9日 Oゲージの鉄道模型 ①  

数ヶ月かけて取り組んできた物置の片付けが無事終了しました。あとは棚に置いたものを使いやすく分類するだけです。片付けをしていく中で、私にとってのお宝を数多く発見しました。今日から紹介する鉄道模型は6つ年上の従兄から譲り受けたものです。小学生だった私は、この鉄道模型を毎日のように走らせては遊んでいました。残念ながらモーターが壊れてしまい、動かなくなってしまいました。やがて私の記憶からも消えてしまいました。この鉄道模型はOゲージと言って、縮尺と軌間を表す規格呼称のひとつです。ちなみに縮尺は1/43-1/48で、軌間は32ミリメートルです。
b0341140_1541486.jpg

b0341140_1541185.jpg
b0341140_15412980.jpg
b0341140_15414248.jpg

b0341140_15544637.jpg
b0341140_15545965.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-03-09 18:30 | ホビー・クラフト | Comments(4)
2015年 02月 22日

2015年2月22日 甦った下駄箱 ③

いよいよ最後の工程の塗装です。今回は水性ペンキを使用しました。できるだけ最初の下駄箱の色に近いウォルナット色を選びました。ハケを使っての塗装でしたので、かなりの時間がかかりました。細かい所は小さめのハケを使い、上部や側面は太いハケを使いました。ムラができないように工夫しましたが、やはり素人ですので、ムラだらけになってしまいました。何度も塗り直すことで、色のムラを修正していきました。時間はかかりましたが、なんとか下駄箱を自分の手で甦らせることができました。想い出の下駄箱は片付けられた物置に設置し、活用していきたいと思います。今回の作業を通して、一つのことを成し遂げた充実感で心の中は満たされています。
b0341140_20175735.jpg

b0341140_20183323.jpg
b0341140_20193424.jpg
b0341140_20202712.jpg
b0341140_20204929.jpg
b0341140_2021966.jpg
b0341140_2021214.jpg
b0341140_20213273.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-22 06:30 | ホビー・クラフト | Comments(2)
2015年 02月 21日

2015年2月21日 甦った下駄箱 ②

まず最初に下駄箱全体が汚れていたので、濡れたタオルで汚れを拭き取り、綺麗にしました。そのまま塗料を塗ろうとも考えましたが、木材そのものの汚れが気になりましたので、電動サンダで塗装面の研削・研磨作業を行うことにしました。以前のブログで電動工具のことは紹介しましたが、この電動サンダを使うのは初めてです。工具の下に紙ヤスリを付け、スイッチを入れると振動が起こり、木材の表面を均一に研削してくれます。手作業でやったら、かなりの時間がかかりますが、あっという間に木目が現れてきました。木目の美しさに感動しながら、楽しく作業に取り組むことができました。
b0341140_16141061.jpg
b0341140_16144178.jpg
b0341140_16154154.jpg
b0341140_1616283.jpg
b0341140_16162113.jpg
b0341140_16164156.jpg
b0341140_16165436.jpg
b0341140_16171362.jpg
b0341140_1617289.jpg
b0341140_16174743.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-21 16:21 | ホビー・クラフト | Comments(4)
2015年 02月 20日

2015年2月20日 甦った下駄箱 ①

物置の片付けもほぼ終わりに近づきました。不用品を処分したことで、かなりスペースが広がり、使いやすい物置になりました。今まで西側のドアを塞いでいたものは壊れた洗濯機と古びた下駄箱でした。洗濯機は電気屋さんにリサイクル料を払い、処分してもらいました。古びた下駄箱は、父と母が昔使っていたものでした。母からこんな話を聞いたことがあります。「昔は家具屋さんが無かったので、結婚したときに箪笥と茶箪笥とちゃぶ台と下駄箱を建具屋さんに作ってもらったんだよ。」まさしく、その下駄箱が見つかったわけです。下駄箱以外のものは今でも我が家で使用しています。この下駄箱は絶対に処分することはできません。父と母の想い出の品です。ちょっとオーバーですが、ヤマボウシ家の宝物なのです。今から65年程前の物ですから、虫に喰われ、かなりぐらつきもでています。でも、他の木材で補強し、再塗装することで、なんとかもう一度使える下駄箱に甦らせることができると確信しました。今日から3回シリーズでその工程を紹介していきたいと思います。
b0341140_1933310.jpg

b0341140_1934894.jpg
b0341140_194642.jpg
b0341140_1941967.jpg
b0341140_1943250.jpg
b0341140_194417.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-20 19:10 | ホビー・クラフト | Comments(2)
2015年 02月 14日

2015年2月14日 多目的机・整理棚の完成!

今日は出来上がった多目的机と整理棚の塗装作業を紹介します。ホームセンターに行くと、いろいろな種類の塗料が販売されていました。使い終わったハケを洗う際、水性塗料の方が楽ですが、油性塗料の方が木部の内側までしみこむような感じがしました。両方とも屋外に設置するわけですので、強力な撥水効果と防蟻効果が必要とされます。塗料コーナーには「耐水性・耐光性に優れている。腐れ、カビに対して長期強力な防腐・防カビ効果を発揮する。」と書いてありましたので、最終的に油性塗料の方を選びました。次に頭を悩ませたのは色です。選んだ色によって出来上がった作品の感じが違ってきます。暗すぎても嫌だし、明る過ぎても嫌だし、中間をとって「ライトオーク色」にしました。車の車体の色を決めるときは、そんなに迷わなかったのに何故か不思議です。塗装はローラー塗装ではなく、ハケで頑張りました。塗料の量を考え、2度塗りをしたら、なんとかムラも誤魔化すことができました。こんな風にして、DIY作品第1号が完成しました。今、物置の片付けをしていますが、奥の方から父と母が新婚当時使っていた下駄箱が出てきました。多少、虫に喰われている所もありますが、直せば物入れとして使えそうです。DIY第2号作品は下駄箱の修理と再塗装になりそうです。
b0341140_15391850.jpg

多目的机です。
b0341140_15392936.jpg

整理棚です。
b0341140_15394459.jpg

b0341140_15395363.jpg
b0341140_1540274.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-14 15:48 | ホビー・クラフト | Comments(7)
2015年 02月 13日

2015年2月13日 電動工具を使ってDIYスタート!

物干し台の横に昔買ったガーデン用の机が置いてあります。洗濯物のバスケットを置いたりするのにとても便利なものですが、長年使っているので、硬質プラスチックの表面が劣化し、亀裂も入っている状態でした。家内が「そろそろ、この机も寿命だね。お父さん、新しい机、作ってみたら?」と言いました。その言葉を聞いて、やる気満々のヤマボウシ。「よし、わかった。」私の持っている電動工具を使って早速DIYにトライすることにしました。机の完成図を簡単に描き、それに必要な角材と板とスリムねじをホームセンターまで買いに出掛けました。専門的な手法ではなく、縦木と横木をスリムねじで留めていく、ごくありふれた簡単な手法で取り掛かることにしました。電動のこぎりで木を切り、電気ドリルで導き穴をあけ、インパクトドライバーでスリムねじをしめていく。ぐらつく部分には金具で補強をするといった感じの多目的机です。木材が余ったので、ついでに外水道の横にバケツなどを置く整理棚も一緒に作りました。見栄えは今一ですが、夢中になって楽しく「ものづくり」に取り組むことができました。明日のブログは塗装編です。お楽しみに・・・
この多目的机と整理棚は昨年製作しました。今でも丈夫で重宝しています。
多目的机
b0341140_2136675.jpg
b0341140_21363034.jpg
b0341140_21365016.jpg

b0341140_22191265.jpg

整理棚
b0341140_21545036.jpg

b0341140_21554678.jpg

b0341140_2157211.jpg

b0341140_21385768.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-13 22:05 | ホビー・クラフト | Comments(6)
2015年 02月 12日

2015年2月12日 電動工具オンパレード

今日のブログは趣向を変えて、私の持っている電動工具を紹介します。昔から「ものづくり」には興味を持っており、現職中にも壊れた物を直したり、購入してきた組み立て家具を作ったり、おまけに夏休みの子供の工作などのお手伝い(ほとんど私が主導権を持っていました)をしておりました。その際、ドライバーやのこぎり、ペンチなどの道具を使っておりましたが、ある時、電気ドリルを手に入れたことをきっかけに電動工具に何故か魅せられてしまいました。ホームセンターに行くと、必ず電動工具コーナーに立ち寄り、「あの工具いいなあ。あれがあると便利だなあ。」そう思うようになりました。そして、我が家をリフォームした際、大工さんの持っている工具を見て、さらに拍車がかかってしまいました。DIY関係の本も毎月購読し、手作りのものを作りたいという気持ちは高まるばかりでした。今日から3回シリーズで退職後、製作した整理棚と多目的机を紹介していきます。まずは私の持っている電動工具を紹介します。現職中に集めたものばかりですが、この他に今年、電動カンナと電動ヤスリ(写真にはありません)も仲間入りしました。そんなに高価なものは買えませんので、10000円前後の物ばかりです。
電気ドリル 穴をあけるために購入したもので、我が家の工具第1号です。

b0341140_20134598.jpg

電気のこぎり これはとても便利な工具です。木も金属も簡単に切断できます。
b0341140_2016429.jpg

インパクトドライバー ちょっと重いですが、ネジしめがとても楽です。パワーもあります。
b0341140_2017307.jpg

ジクソー これも電気のこぎりです。細かい部分や曲線が綺麗に切断できます。
b0341140_20214938.jpg

電動工具勢揃いです。

b0341140_215183.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-12 20:29 | ホビー・クラフト | Comments(6)
2015年 02月 11日

2015年2月11日 陽のあたる廊下で影絵遊び

OHPという装置をご存じですか。OHPとはオーバーヘッドブロジェクタの略で、非常に明るい光源と冷却ファンを内蔵した箱の上にレンズが付属した装置です。さらにその上にアームが伸びていて光を反射させ、スクリーンに投影します。かっては会社や教育現場でよく使われた機器です。私もOHPには大変お世話になりました。時代は流れ、今では電子黒板やPCをプロジェクタにつなぎ、簡単にプレゼンテーションができるようになりました。物置の片付けをしていたら、若い頃、行事で使った自作のOHPシートが出てきました。今の時代、PCを使えば作成時間もあまりかけずにできますが、当時はカッターナイフを使って紙を切り抜き、その上にカラーシートを貼り合わせ、時間をかけて作成しました。本当に便利な時代になったと思います。この自作OHPシート、捨てる前に記録として留めておくため、OHPの機器はないので陽のあたる廊下で影絵遊びをし、写真に撮影することにしました。
宇治の平等院
b0341140_18131739.jpg
b0341140_18133052.jpg

流鏑馬
b0341140_18151282.jpg
b0341140_18152566.jpg

南蛮貿易
b0341140_1816959.jpg
b0341140_18162598.jpg

黒船来航
b0341140_1817822.jpg
b0341140_18172316.jpg

広島原爆ドーム
b0341140_18183744.jpg
b0341140_18184825.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-02-11 18:31 | ホビー・クラフト | Comments(6)
2015年 01月 15日

2015年1月15日 昭和のヒーローたち

連日、時間を見つけては物置の片付けを行っています。今日のお宝は「昭和のヒーローたち」です。小さな段ボール箱の中に子どもたちが昔遊んでいた玩具がどっさり入っていました。中でも印象に残っていたのは、ドラえもん・ウルトラマン・パーマンです。パーマンのマントは見つかりませんでしたが、息子はいつもヘルメットをかぶって、公園を走り回っていました。仕事から帰ってきた息子に「このパーマンのヘルメット、覚えているか?」と尋ねてみると、「わぁー、懐かしいなあ。」そんな返事が返ってきました。子どもたちにとっては憧れのヒーローだったんですね。ちなみに私の世代のヒーローは、鉄腕アトム・鉄人28号・月光仮面・少年ジェット・エイトマン・怪傑ハリマオなどがあげられます。
b0341140_1952451.jpg
b0341140_19521649.jpg
b0341140_19522718.jpg
b0341140_19523761.jpg
b0341140_1952472.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2015-01-15 19:59 | ホビー・クラフト | Comments(7)