人気ブログランキング |

今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

2019年 05月 21日 ( 1 )


2019年 05月 21日

2019年5月21日 ナガミヒナゲシの花 !(^^)!

b0341140_204131.jpg
b0341140_2042681.jpg
b0341140_2044199.jpg
b0341140_2045433.jpg
b0341140_205641.jpg
b0341140_2051712.jpg
b0341140_2052879.jpg
b0341140_2053793.jpg

b0341140_1914458.jpg

b0341140_192357.jpg

最近、春になると上のような花が畑の斜面や花壇に咲くようになりました。種を蒔いた覚えもありません。花の様子を見るとポピーの花に似ています。タイミングよく太郎さんのブログのお写真を通して、正しい名前を知ることができました。ありがとうございました。この花の名前は「ナガミヒナゲシ」と言います。漢字で表記すると「長実雛罌粟」と書きます。とても難しい漢字ですね。「長実雛芥子」と書く場合もあるそうです。
さて、ここで今まで頭の中で混乱していた「ひなげし」と「ポピー」のことを調べてみました。
「ポピー」とはケシ科の植物全体をあらわす呼び名となります。ケシ科の植物である「ひなげし」は「ポピー」の中のひとつの品種ということになります。ですので、「ひなげし」のことを「ポピー」と呼ぶこと自体は間違いではありません。ひなげしをフランス語で言うと「コクリコ」と言います。ジブリの映画にありましたね。また、ひなげしは「虞美人草」とも呼ばれています。
さて、今日紹介した「ナガミヒナゲシ」はヒナゲシとは別のものになります。ナガミヒナゲシは高さは20センチ~60センチ程度で、ヒナゲシに比べ花はやや小さめで淡赤色、子房は細長い形をしているのが特徴です。ナガミヒナゲシという名前はヒナゲシと比べ子房が細長いことに由来しています。
困ったことにこの植物は危険外来種と呼ばれています。なぜかというと、どんな場所でも自生できてしまうところです。わずかな隙間でも自生し、土があればどんな環境でも自生できてしまうのです。
どんなところでも自生できる、いいかえれば強い植物が、数多くの種子をばらまいてどんどん増えていくことで、植物の生態系を壊してしまうのです。

知りませんでした。最近、この花が増えてきた理由も理解することができました。植物の生態系を壊さないように対応していくつもりです。
(ネットの記事を引用しました)
小太郎コーナー
ワンちゃんを飼っているお宅が近くにあります。そこのワンちゃんが吠えると、小太郎も吠えています。何かを話しているのかな?
b0341140_2044022.jpg


by yamaboushi53 | 2019-05-21 18:30 | 花づくり | Comments(2)