今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 09日

2018年7月9日 小麦の次は大豆づくり (^o^)V

先週の火曜日(7月3日)、昼食を食べ、庭に出ると近くの畑に赤いトラクターが停まっていました。お昼の休憩でしょうか、人は乗っていませんでした。畑の様子を見てみると、ついこの間まで小麦の切り株が残っていましたが、耕運されているではありませんか。トラクターの後部にはクリーンシーダという名前の機械が取り付けられ、中には小さな種が入っていました。クリーンシーダとは播種機(はしゅき)、簡単に言えば種まき機です。農業法人の方が小麦づくりの次に大豆づくりを始めたのですね。人が広い畑に種を蒔いたら、莫大な時間と労力がかかります。この機械を使えば、溝を作り、種を蒔き、ローラーで鎮圧する工程をあっという間に行ってしまいます。ほんとうに農業機械の進歩には驚くばかりです。
b0341140_21295895.jpg
b0341140_21301722.jpg
b0341140_21304516.jpg
b0341140_2131053.jpg
b0341140_21311244.jpg
b0341140_21312398.jpg
b0341140_21313632.jpg

小太郎コーナーU^ェ^U
芝の中に何かがいるのかな?
b0341140_21354079.jpg


by yamaboushi53 | 2018-07-09 18:30 | 自然 | Comments(2)
Commented by renchiyan3 at 2018-07-10 05:14
おはようございます
機械が出来て農作業が楽になったけれど その経費大変だと思います
Commented by yamaboushi53 at 2018-07-10 16:09
renchiyan3さん こんにちは
農業を営む方が減り、田んぼや畑は農業法人の
方に委託されています。もう作物を栽培する会社
みたいになってしまいました。法人で働く人も多
くはいませんので、当然機械がないと仕事ができ
ません。収益の中から大型の機械を購入している
と思います。トラクターは車よりかなり高いんで
すよね。


<< 2018年7月10日 雨あがり...      2018年7月8日 枝豆の収穫... >>