今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

2017年1月23日 「優しさと勇気の育てかた」を読んで 

久しぶりのお薦め本の紹介です。今回は水谷修氏が執筆された「優しさと勇気の育てかた」という書籍です。水谷修氏は「夜回り先生」として、子供たちの非行防止や薬物汚染の拡大防止のために活躍されている方です。水谷氏の書かれた書籍を読むのは今回で2冊目になります。著者略歴を読むと本当にたくさんの本を書かれています。
さて、今回の本には「21の生きる力」が分かり易く書かれていました。水谷氏自身、大病を患いながら、懸命に子どもたちのために全国を駆け回っている姿から、まず「生きる力」をいただき、文章の中からも前向きに生きていくことの大切さを学びました。特に心に残った章は「こころに栄養を与えよう」です。私たちは食事や水分補給を通して体に栄養を与えています。水谷氏は体だけではなく、「こころ」にも栄養を与えてあげることが大切であることを述べています。「こころ」の栄養とは感動することだそうです。自然の情景の美しさにこころを震わせること、綺麗な草花や鳥のさえずりにこころを輝かせること、書物や音楽を通してこころを豊かにすること、これらのことが私たちの「こころ」の栄養につながっていきます。私自身、単調な日々の繰り返しの中で感動する機会が少なくなっているような気がします。「こころ」の栄養失調になっているのかもしれません。忘れてしまっていたことをこの本が気づかせてくれました。ありがとうございました。まだ読んでいない水谷修氏の書籍が無性に読みたくなりました。
b0341140_2062468.jpg

b0341140_2063238.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-23 18:30 | 本・音楽 | Comments(7)

2017年1月22日 冬の散歩道

私は退職後、ウォーキングを始めました。部屋の中でゴロゴロしていると、体重が増えるばかりです。かかりつけ医の先生からも「体重を落としなさい。」と言われています。3年間で約6㎏落とすことができました。歩くことを中心に、大好きだった炭酸飲料水を止めました。と言っても、無性に飲みたくなって、飲むこともありますが・・・。ウォーキングを始めた頃は、正直「面倒だな。」「きついなあ。」そんな思いもありました。今では歩くことが生活の一部分となっています。一日約5~6km歩いていますが、そんなに苦しいとは思わなくなってきました。腰痛持ちですので、痛いときもありますが、そんなときは「歩けば痛みが緩和されるんだ。」と言い聞かせ、頑張っています。天気が悪い日や体調が優れない時はお休みをしますが、一日、間をあけると次が辛くなりますね。そして、自分の心の中に「怠け心」が芽生えてくるんです。だからこそ、できるだけ毎日続けようと思っています。この頃、歩くことがだんだん楽しくなってきました。昔はヘッドホーンで音楽を聴きながら歩いていたときもありましたが、今は歩きながら目の前の景色・鳥のさえずり・川の音・風の流れ・季節の色などを体全体で受けとめています。素晴らしい情景に出くわすと、ポケットからカメラを取り出し撮影しています。最近は「だらだら歩き」から姿勢を意識して歩いています。今日の写真は冬の散歩道の情景です。
b0341140_201432.jpg

b0341140_20171430.jpg

彼岸花の苗
b0341140_20144137.jpg

麦畑
b0341140_2015328.jpg
b0341140_20154585.jpg
b0341140_2016140.jpg
b0341140_20162737.jpg
b0341140_20163974.jpg

本屋さんに寄ったので、帰りは暗くなってしまいました。
b0341140_20182870.jpg
b0341140_20184074.jpg

「冬の散歩道」 サイモン&ガーファンクル

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-22 18:30 | 散歩 | Comments(7)

2017年1月21日 薔薇のような葉牡丹

去年の12月22日のブログに春花壇の準備のことをお知らせしました。残念ながら、花壇中央の一番奥に植えたラベンダーの苗が順調に育たず、枯れてしまったものもあり、全体的に勢いが無くなってしまいました。とりあえず残った苗をプランターの方へ移植しました。次にラベンダーが植えてあった場所には赤い葉牡丹の苗を植えました。赤と白でおめでたい感じの花壇になりましたね。最近の葉牡丹は本当にいろいろな品種がでています。今回植えた赤い葉牡丹は、まるで薔薇の花のようでした。
葉牡丹の花言葉
『祝福』『利益』『慈愛』『愛を包む』『物事に動じない』
葉牡丹は、「祝福」「利益」「慈愛」など、お祝い事にぴったりの花言葉がつけられています。縁起のよい植物として、お正月の寄せ植えに昔から利用されてきました。(ネットより引用しました)

b0341140_20132388.jpg
b0341140_20133891.jpg
b0341140_20135496.jpg
b0341140_20141528.jpg
b0341140_20142759.jpg
b0341140_20143969.jpg
b0341140_20145670.jpg
b0341140_2015782.jpg
b0341140_2015183.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-21 18:30 | 花づくり | Comments(4)

2017年1月20日 ひとつき遅れの山梨だより その7(最終回)

長い間「山梨だより」にお付き合いくださり、ありがとうございました。今日のブログが最終回になります。豊田に帰る日、用事があったので、午前中に野辺山まで行ってきました。中央道 長坂インターへ行くには、清里から八ヶ岳高原大橋を通ると近道になります。この橋は何度も通っていますが、車から降りて、周りの景色を撮影したのは初めてです。山の中のこの橋はとてもスケールの大きな橋です。あいにくの曇り空でどんよりした情景になってしまいましたが、新緑の季節になると、それはそれは素晴らしい眺めになります。新しい定点撮影場所にしたいと思っています。
b0341140_19345060.jpg
b0341140_1935675.jpg
b0341140_19352054.jpg
b0341140_1935374.jpg
b0341140_19355485.jpg
b0341140_1936586.jpg
b0341140_19361621.jpg
b0341140_19363051.jpg
b0341140_19364136.jpg
b0341140_19365258.jpg
b0341140_1937347.jpg
b0341140_19371523.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-20 18:30 | 自然 | Comments(6)

2017年1月19日 ひとつき遅れの山梨だより その6

氏神様の撮影を終えて実家へ戻りました。いつもの道を使わず、集落の中を散策しながら帰りました。12月の中旬になっても、柿の木には柿の実がたくさん付いていました。きっと鳥さんたちの餌になることでしょう。赤い実、土蔵など素朴な情景がまだたくさん残っています。家内から話を聞くと、高齢化が進み施設暮らしをされている方も多く、空き家も増えているようです。そんなことを聞くとなぜか切なくなってきます。そして、この集落では小学生の児童はたった二人だけだそうです。夏休みになると氏神様の広場から聞こえていた子どもたちの笑い声も聞こえません。過疎化が進む家内の故郷、できるだけ足を運び、愛し続けていきたいと思いました。
b0341140_18572687.jpg
b0341140_1857394.jpg
b0341140_18575212.jpg
b0341140_1858481.jpg
b0341140_18581525.jpg
b0341140_18582745.jpg
b0341140_18584093.jpg
b0341140_1858523.jpg
b0341140_1859293.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-19 20:00 | 自然 | Comments(10)

2017年1月18日 ひとつき遅れの山梨だより その5

今日の写真は氏神様の山門前に鎮座する狛犬です。狛犬とは、獅子や犬に似た日本の獣で、想像上の生物とされています。像として神社や寺院の入口の両脇、あるいは本殿・本堂の正面左右などに一対で向き合う形、または守るべき寺社に背を向け、参拝者と正対する形で置かれる事が多いそうです。氏神様の狛犬は鼻の穴と口の中が朱色で塗られているので迫力があります。今にも噛みつかれそうです。
b0341140_19152755.jpg
b0341140_19154768.jpg
b0341140_1916024.jpg
b0341140_19161124.jpg
b0341140_19162385.jpg
b0341140_19163669.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-18 20:00 | 自然 | Comments(6)

2017年1月17日 ひとつき遅れの山梨だより その4

定点撮影場所の氏神様です。この氏神様の写真はもう何度かブログで紹介しています。家内の実家に行くと、必ず訪れる場所です。ここに足を運ぶとなぜか落ち着くんですね。心が洗われるような感覚になります。私にとってのパワースポットかもしれません。
b0341140_19422742.jpg
b0341140_19424225.jpg
b0341140_1943748.jpg
b0341140_1943201.jpg
b0341140_19434240.jpg
b0341140_19435439.jpg
b0341140_1944673.jpg
b0341140_19441729.jpg
b0341140_19443060.jpg
b0341140_1944416.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-17 18:35 | 自然 | Comments(6)

2017年1月16日 雪の朝

今日のブログは「山梨だより」をお休みして、雪の朝の情景を紹介します。愛知県も日曜日・月曜日の両日、今年初めての雪が降りました。天気予報は的中です。朝、起きると部屋の中が冷え切っています。朝刊を取りに玄関のドアを開けると、辺り一面銀世界でした。息子は車に積もった雪を取り除き、いつもより早めに会社へ出かけていきました。私も現職の頃は1時間近く早めに出勤した記憶があります。センターラインが雪で見えなくて、緊張の連続の運転でした。
今朝、家の周りの様子を撮影してみました。お日様が出てきたので、積もった雪も午後になると無くなってしまいました。でも、天気予報によると、今週末も雪になるようです。
b0341140_18141926.jpg

b0341140_18143477.jpg
b0341140_18144648.jpg
b0341140_181559.jpg
b0341140_18152282.jpg
b0341140_18153594.jpg
b0341140_18154799.jpg
b0341140_18155978.jpg
b0341140_18161128.jpg
b0341140_18162468.jpg
b0341140_18163692.jpg
b0341140_18164833.jpg
b0341140_1817216.jpg
b0341140_1817143.jpg
b0341140_18172890.jpg
b0341140_1817423.jpg
b0341140_18175411.jpg
b0341140_1818543.jpg
b0341140_18181547.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-16 19:00 | 自然 | Comments(4)

2017年1月15日 ひとつき遅れの山梨だより その3

氏神様のある小高い丘の上に佇み、集落を取り囲む山々を眺めてみました。どんよりした空の色が冬の訪れを告げています。静かな時の流れを楽しむことができました。
b0341140_12101743.jpg
b0341140_12103267.jpg
b0341140_12104744.jpg
b0341140_12105998.jpg
b0341140_12111285.jpg
b0341140_12112342.jpg
b0341140_12113499.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-15 18:30 | 自然 | Comments(6)

2017年1月14日 ひとつき遅れの山梨だより その2

義母に会う前日、家内の実家に泊まりました。冬支度をするために、家の外回りの片づけを二人で行いました。夕方近く、時間ができたので、いつものように定点撮影場所に移動し、冬の山里の情景を撮影してきました。遠くの畑で枯草を燃やす煙が立ち込めていました。
b0341140_11541665.jpg

b0341140_1144294.jpg

b0341140_11442269.jpg
b0341140_11443826.jpg
b0341140_11444916.jpg
b0341140_1145254.jpg
b0341140_11451998.jpg
b0341140_11453214.jpg
b0341140_11454419.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-14 18:49 | 自然 | Comments(6)

2017年1月13日 ひとつき遅れの山梨だより その1

新年を迎えたのに、ひとつき遅れの写真ですいません。本当は12月中にアップしようと思っていましたが、遅くなってしまいました。去年の12月の中旬、山梨へ行ってきました。今回の目的は義母の米寿のお祝いです。本当は外で食事をする予定でしたが、感染症の心配や義母の体調も考え、施設の中でお祝いをしました。買ってきたケーキを食べ、毛糸の帽子をプレゼントしました。ささやかなお祝い会でしたが、義母はとても喜んでくれました。もちろん私のカメラで記念撮影もしました。これから寒い冬が始まります。「お母さん、風邪をひかないように気をつけて過ごしてくださいね。」いつものように義母と握手をして、施設を後にしました。ちょうど玄関の軒下に干し柿が吊るしてありました。職員の方が作られたのでしょうか?青空を背景に朱色の柿の実がとても鮮やかに心の中に映りました。
b0341140_19203327.jpg
b0341140_19204549.jpg
b0341140_19205787.jpg
b0341140_19211149.jpg
b0341140_19212230.jpg
b0341140_1921343.jpg
b0341140_1921467.jpg
b0341140_19215690.jpg
b0341140_1922866.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-13 18:30 | その他 | Comments(6)

2017年1月12日 「綿」を見つけました !

去年の写真ですいません。2016年12月31日、大晦日のウォーキングを家内と楽しみました。家内は夏のウォーキングは苦手ですが、冬になると元気がでてきます。この日はいつもとは違ったコースを歩いてみました。初めて歩く道は新しい発見ができて、結構ワクワク感があります。道路横の畑で「綿」を見つけました。「綿」の収穫は9月から11月ごろですが、12月になってもそのままになっていました。コットンボールの付いた実は、枝ごと収穫してドライフラワーとして飾ったり、実をクリスマス・リースに付けてアレンジして楽しむことができるそうです。さてさて、この畑の「綿」はどんなふうに使われるのでしょうか?
b0341140_19361869.jpg
b0341140_19363070.jpg
b0341140_19364179.jpg
b0341140_19365346.jpg
b0341140_1937474.jpg
b0341140_19371449.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-12 18:30 | 散歩 | Comments(6)

2017年1月11日 「ハツユキカズラ」を植木鉢に植えました !

シバザクラに続き、今日紹介する植物は「ハツユキカズラ」です。この植物も魅力的な植物です。昨年、西側花壇と壁掛けプランターに植えました。近くの方で家の門柱の周りにとても綺麗にレイアウトされているお宅があります。ウォーキングのとき、楽しみに眺めています。「ハツユキカズラ」はツタの先がピンクや白になっている姿がとても可愛いと思います。日本生まれの品種で、生長がゆっくりで、株がコンパクトにまとまることから寄せ植えやハンギングにして楽しむことができます。今回、3つの苗を大きめの植木鉢に植えました。
花言葉は『化粧』『素敵になって』『素直にこたえたい』
春から秋にかけて、新芽がピンクから白に変化する様子にちなんで、「化粧」という花言葉がつきました。「素敵になって」という花言葉は、葉っぱの色がつるを伸ばしながら変化することに由来したそうです。
b0341140_21443238.jpg
b0341140_21444572.jpg
b0341140_21451243.jpg
b0341140_21452849.jpg
b0341140_2146451.jpg
b0341140_2146189.jpg
b0341140_21463084.jpg
b0341140_2146422.jpg
b0341140_21465476.jpg
b0341140_2147740.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-11 18:30 | 花づくり | Comments(4)

2017年1月10日 シバザクラの苗を植えました !

春に向けて、本年度の花づくりが始まりました。この間、大きな園芸店に行った際、昔から手に入れたかった「シバザクラ」の苗が置いてありました。「シバザクラ」の花はとても可憐な花で、大好きな花のひとつです。花の絨毯を夢見て、日当たりの良い場所にさっそく植えてみました。
b0341140_19284685.jpg

b0341140_1929031.jpg
b0341140_19291598.jpg
b0341140_19292854.jpg
b0341140_19294191.jpg
b0341140_1930087.jpg
b0341140_19301113.jpg
b0341140_1930236.jpg
b0341140_19303911.jpg
b0341140_19305242.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-10 18:30 | 花づくり | Comments(4)

2017年1月9日 八朔の収穫

蜜柑、伊予柑に続いて、八朔の実の収穫を行いました。八朔の収穫時期は地域によって差があるそうです。和歌山県の一部では12月から収穫が始まるそうです。私の住んでいる地域では、1月から2月の間に収穫が行われます。収穫したての八朔は酸味が強すぎるため、まだ食用には向いていません。同じ地域に住み、蜜柑づくりをされている方から、「涼しい場所で、八朔の実を1か月~2か月ほど寝かせると、糖度が上がって美味しくなるよ。」と教えていただきました。今年はカゴの中に入れ、しばらく寝かせるつもりです。去年より甘くなるのかな?楽しみです。
b0341140_19114232.jpg

b0341140_191201.jpg
b0341140_19121471.jpg
b0341140_19122812.jpg
b0341140_19124371.jpg
b0341140_19125833.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-01-09 20:00 | 野菜・果物づくり | Comments(6)