今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 03日

2017年8月3日 新しい電話機

2014年8月2日、黒顔羊さんのご指導のもと「今日の風に吹かれましょう」という名前のブログをスタートさせました。昨日で3年が経ちました。黒顔羊さんと我が家の畑で出逢うことがなかったなら、このブログは存在しないし、3年間、私はどんな日常生活を送っていたのでしょうか。今は写真を撮ったり、投稿記事を考えたり、ブログライフを楽しんでいます。黒顔羊さんには本当に感謝しております。ありがとうございました。さて、4年目のスタートです。毎日更新がなかなか難しくなってきました。不定期ブログになるかもしれませんが、できる限り頑張りたいと思っています。これからも宜しくお願いいたします。
今日のブログのタイトルは「新しい電話機」です。我が家の電話機、ついに調子が悪くなってしまいました。父の体調が悪くなり、受話器を取りに移動することが困難になっため、子機が付いている電話機を購入しました。あれこれ15年ぐらい前のことです。その電話機の親機のFAX部分が不具合を起こし、印字ができなくなってしまいました。通話は可能ですが、息子が仕事でFAXを利用するので、交換しなければいけません。家電量販店へ電話機を見に行くと、FAX付きの電話機を製造しているメーカーはシャープとパナソニックの2社だけです。結局、以前使用していたシャープのものを購入しました。ポイントがあったので、6000円の追加金だけでした。以前の購入から15年近くも経っているので、機器の性能も良くなっていました。FAXの原稿送り・印字スピードが速くなり、印刷された文字もとても綺麗です。振り込み詐欺防止機能、着信拒否機能、会話録音機能、留守番メモ転送機能、相手の声の音量調節機能など、これからの私たちにとっては助かるものばかりです。7月23日より新しい電話を使っていますが、コンパクトでとても使い易いです。ただ電話帳のデータ移動が簡単にできなかったため、紙に書き出したメモをもとに、新しい電話に登録し直しました。この作業にかなりの時間を費やしました。これからも新しい電話機を大切に使っていきたいと思っています。
b0341140_651572.jpg

b0341140_65284.jpg

小太郎コーナー
小太郎、部屋の中で風の通り道を探しています。
b0341140_681516.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-08-03 18:30 | その他 | Comments(4)
2017年 08月 02日

2017年8月2日 セミの抜け殻

畑仕事をしていると、いろいろな物を見つけます。今日は今年初めて見つけたセミの抜け殻です。木製の作業台の下と柿の葉の裏に付いていました。セミの抜け殻を見ると「夏だなあ!」と思います。日本ではアブラゼミやクマゼミの抜け殻、中国では主にセミ科のズジアカクマゼミの抜け殻を漢方薬として利用していたそうですね。さて、抜け殻ではなく、本物のセミはいないかと家の周りを探したところ、外壁にアブラゼミがとまっていました。小学生の頃、夏休みになると、麦わら帽子を被り、虫かごを肩にかけ、虫取り網を持って、セミやカブトムシ、バッタとりに夢中になっていました。最近、虫とり網を持った子供たち、見かけませんね。
b0341140_16524625.jpg
b0341140_1653275.jpg
b0341140_16531793.jpg
b0341140_16532975.jpg
b0341140_16533982.jpg
b0341140_16535366.jpg
b0341140_1654662.jpg

小太郎コーナー
小太郎、扇風機の前でお休み中です。
b0341140_16581429.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-08-02 18:30 | 自然 | Comments(2)
2017年 08月 01日

2017年8月1日 さすが 野菜作り名人 !

野菜作り名人Aさんからスイカをいただきました。ありがたいことです。Aさんからは本当にいろいろなことを教えていただいています。イチゴ作り、ジャガイモ作り、メロン作りなど、ポイントをしぼって、的確に教えていただけるので、どうしたらいいのかがよく分かります。昨日も丹波の黒豆作りとネギの植えかえについて教えていただきました。
写真のスイカ、凄いでしょう ! この夏、まだスイカを食べていなかったので、最高のプレゼントでした。「 糖度計がないので、味の方は切ってみないと分からないよ。」そんなことを仰っていましたが、切ってみると真っ赤なスイカ、そして味の方も甘く最高のスイカでした。さすが野菜作り名人Aさんです。本当にありがとうございました。これからもご指導のほう、宜しくお願いいたします。
b0341140_19591813.jpg
b0341140_19595752.jpg
b0341140_2001129.jpg
b0341140_2002593.jpg
b0341140_2004027.jpg

小太郎コーナー
小太郎、芝生の上で遊んでいます。この写真を撮ったときは芝刈りをする前でした。今は芝刈りの後、肥料をまいたので、しばし立ち入り禁止です。ワンコは何でもなめたり、食べたりするので注意しないといけませんね。
b0341140_2083433.jpg
b0341140_2084134.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-08-01 18:30 | その他 | Comments(6)
2017年 07月 31日

2017年7月31日 Happy Wedding

7月9日(日)、前回のブログで紹介したTHE NANZAN HOUSE(ザ・ナンザンハウス)で、我が家の娘が結婚式を挙げました。ヤマボウシ、花嫁の父になりました。テレビドラマのような涙・涙の結婚式ではなく、ゲストの皆様方のおかげで、温かい笑顔と笑い声に包まれたとてもHappyな結婚式・結婚披露宴になりました。新郎のお父様・お母様、若い二人を温かく見守ってくださったゲストの皆様方、本当にありがとうございました。感謝申し上げます。結婚式のスタイルも昔と変わりました。今回の結婚式をレストランウェディングと言うそうですね。そして名古屋名物、「お菓子投げ」というイベントも披露宴前に行われました。これにはびっくりしました。
さて、親バカですが、真っ白なウェディングドレスを着た娘を見たとき、とても素敵だと思いました。そして、キラキラ輝いている娘の姿を心の襞にしっかり刻むことができたことを親として嬉しく思っています。これから先、どんな生活が二人の前に待っているのか分かりませんが、「感謝」の気持ちと「ありがとう」の言葉をいつも忘れずに、日々の生活の中からたくさんの幸せを見つけていって欲しいと願っています。幸せの形の定義はありません。ふとした毎日の出来事の中に、当たり前の生活の中に、たくさんのたくさんの幸せがあるんです。体に気をつけて、二人で協力しながら素晴らしい家庭を築いてください。
ヤマボウシ、今日の日を迎えることができた安堵感もありますが、心の中に大きな穴が空いたような、なんだか複雑な気持ちです。これが花嫁の父の心境とでも言うのでしょうか?
b0341140_21233580.jpg

b0341140_21241049.jpg
b0341140_21242141.jpg
b0341140_21243036.jpg
b0341140_21245775.jpg

福山雅治 - 家族になろうよ  若い二人にこの曲をプレゼントします。

小太郎コーナー
小太郎、結婚式のため2日間、ペットホテルにお泊りでした。ホテルでは元気がなく、しょんぼりしていたそうです。迎えにいくと、大興奮 ! 家に帰ると暴れまくっていました。
b0341140_21494595.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-31 18:30 | その他 | Comments(6)
2017年 07月 30日

2017年7月30日 THE NANZAN HOUSE (ザ・ナンザンハウス)

閑静な高級住宅地として知られる名古屋の南山エリア。カトリック南山教会や昭和美術館、南山大学付属南山中学校、高等学校などがあり、名古屋の文教地区にもなっています。その南山エリアに、2000坪の敷地の中、常緑樹と広大な芝生のガーデンに包まれた、まるで高原リゾートのような贅沢なおもてなしをするレストラン THE NANZAN HOUSE(ザ・ナンザンハウス)があります。
THE NANZAN HOUSE(ザ・ナンザンハウス)のHPには次のようなことが書かれてあります。
閑静な住宅地に佇む、緑に包まれた空間。周囲の自然にとけ込むような、どこまでもナチュラルな創りとゆったりとした時の流れ。地産地消・旬の食材にこだわり、その年、その季節、その場所でもっともおいしい食材をふんだんに使ったイタリアンをご用意。シンプルに素材感を楽しめる料理で、四季を感じ、五感が喜ぶ旬の味をお楽しみください。
7月9日(日)、私たちは THE NANZAN HOUSE(ザ・ナンザンハウス)へ行くことになりました。レストランで食事をするため・・・? いえ、ヤマボウシ家にとって記念すべき出来事がここTHE NANZAN HOUSE(ザ・ナンザンハウス)で行われたのです。
b0341140_17264269.jpg

b0341140_17284233.jpg

b0341140_17265623.jpg
b0341140_17272299.jpg
b0341140_17274674.jpg
b0341140_1728748.jpg
b0341140_17282614.jpg

b0341140_17301273.jpg
b0341140_17302968.jpg
b0341140_17304164.jpg
b0341140_17305480.jpg
b0341140_173171.jpg
b0341140_17311965.jpg
b0341140_17313044.jpg
b0341140_17314699.jpg
b0341140_17315825.jpg
b0341140_17321360.jpg
b0341140_17322764.jpg
b0341140_1732431.jpg
b0341140_17325325.jpg
b0341140_1733312.jpg
b0341140_17331141.jpg

小太郎コーナー
小太郎、暑いときは玄関のタイルの上がお気に入りです。網戸の前でちょこんと座っています。まさしく番犬ですね。
b0341140_17413460.jpg
b0341140_17414762.jpg
b0341140_17415970.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-30 18:30 | その他 | Comments(4)
2017年 07月 29日

2017年7月29日 真夏の芝刈り

大暑( たいしょ )
大暑とは、もっとも暑い真夏のころのこと。土用のうなぎ、風鈴、花火と、風物詩が目白押し。
「日本の七十二候を楽しむ」より引用

家に居てもけっこうやることが多い。家のメンテナンスと外回りの整美は私の役目です。昨日は小太郎がいたずらしてかじった柱と土壁の補修を行いました。今日は前から気になっていた芝刈りをしました。芝は長くなってから一気に刈ると軸刈りになって見た目が悪くなるばかりでなく、芝生にダメージを与えてしまうそうです。しばらく手入れをさぼっていたので、反省させられました。いつものように芝刈り専用のバリカンを使いました。腰に負担がかからないような姿勢で、ゆっくり行いましたが、この暑さの中での作業でしたので、汗が流れ落ちました。仕上げは追肥と散水を行いました。思っていた以上に時間がかかり、午前中に終えることができず、結局13時30分に無事終了。汗だらけの体を冷水シャワーですっきりさせましたが、その後、疲労感が押し寄せヘロヘロ状態でした。体力が落ちていることを痛感しましたね。
芝刈り前
b0341140_1761866.jpg
b0341140_1763428.jpg
b0341140_1764661.jpg

芝刈り専用バリカンを使って
b0341140_1774193.jpg
b0341140_1775446.jpg
b0341140_17864.jpg
b0341140_1782261.jpg

芝刈り後
b0341140_1791965.jpg
b0341140_1792818.jpg
b0341140_1793981.jpg
b0341140_1794974.jpg

刈りとった芝生
b0341140_1710528.jpg

今、東側の芝生はこんな状態です。復活するのかな?
b0341140_17121034.jpg
b0341140_17122062.jpg
b0341140_17123383.jpg

小太郎コーナー
小太郎、暑くてダウンしています。
b0341140_1716660.jpg
b0341140_17162632.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-29 18:30 | その他 | Comments(4)
2017年 07月 28日

2017年7月28日 琉球朝顔の花が咲く !

毎年この時期に紹介している琉球朝顔の花です。この朝顔は私が育てているのではなく、隣家の方が育てていらっしゃいます。隣家の東側にも排水路までの間にちょっとしたスペースがありますので、そこで紫陽花や琉球朝顔などの花を栽培されています。この朝顔、本当に凄い朝顔です。蔓がどんどん地を這い、我が家の敷地まで入ってきます。そして近接した場所に植えてある柿の木に絡みつき、紫色の花を咲かせます。琉球朝顔の花はとても大きく、秋近くまで咲いています。人様の朝顔を見せて頂き、夏の雰囲気を感じております。
b0341140_555875.jpg
b0341140_561424.jpg
b0341140_564125.jpg
b0341140_565431.jpg
b0341140_57665.jpg
b0341140_573337.jpg
b0341140_574449.jpg

小太郎コーナー
同じような写真を並べて見ました。違いがおわかりでしょうか? 小太郎、ウィンクをしているのかな? ただ片目を閉じているだけかもしれません。
b0341140_5144941.jpg
b0341140_515161.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-28 18:30 | 花づくり | Comments(2)
2017年 07月 27日

2017年7月27日 コスモスの花がいっぱい !

6月27日のブログに早咲きコスモスの様子を紹介しました。あの日からちょうど1か月が経ちました。こぼれ種から発芽した苗はどんどん生長し、いろいろな色のコスモスの花が咲き乱れています。畑仕事をしながらコスモスの花を眺めていると、ちょうど後ろが水田になっています。緑の稲穂を背景に風に揺れるコスモスの花がとても素敵です。
b0341140_19185452.jpg

b0341140_1919926.jpg
b0341140_19192148.jpg
b0341140_1919334.jpg
b0341140_19194356.jpg
b0341140_19195645.jpg
b0341140_1920720.jpg

小太郎コーナー
噛むことが大好きな小太郎くん、家の柱や土壁をかじっています。見つけると注意していますが、なかなか上手くいきませんね。
b0341140_19284818.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-27 19:45 | 花づくり | Comments(2)
2017年 07月 26日

2017年7月26日 ジャスミンの花

玄関に焼き物の街「常滑」で購入した大きな鉢が置いてある。当初は傘入れに使う予定であったが、いつのまにか中に花鉢をいれるようになった。ここ数年、ジャスミンの鉢を入れている。最初は鉢があまりにも大きく、植物の大きさとマッチしていなかったが、今ではちょうど良い大きさになったと思う。冬の間、葉を落としていたジャスミンも春から夏にかけて、細い枝を伸ばし、可愛い葉もたくさん付いてきた。そして枝の先端に蕾ができると、数日後、白い花が咲く。花の香りを嗅ぐと、甘いジャスミンの匂いがする。もうひとつ、玄関のタイルの上にジャスミンの葉の影が映る。この光景を見るのも楽しみの一つだ。
b0341140_6125216.jpg

b0341140_615587.jpg
b0341140_6154455.jpg
b0341140_616073.jpg
b0341140_6161353.jpg
b0341140_616244.jpg
b0341140_6163486.jpg

小太郎コーナー
小太郎は芝生の上がお気に入り ! 散歩に行く前、芝生の上でひと遊びします。
b0341140_6225228.jpg
b0341140_623918.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-26 18:30 | 花づくり | Comments(2)
2017年 07月 25日

2017年7月25日 今日は土用の丑の日です !

今日7月25日は土用の丑の日です。土用の丑の日は年によって異なりますが、今年の土用の丑の日は1月26日・4月20日・5月2日・7月25日・8月6日・10月29日、計6回あります。次回の土用の丑の日は8月6日になりますね。土用の丑の日と聞くと、夏のイメージが強いですが、四季を通して土用の丑の日はあります。ところで日本人はなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのでしょうか?その由来や歴史について調べてみることにしました。
まず「土用」という言葉の意味ですが、立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。そして昔の暦では日にちを十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」で数えました。つまり土用の丑の日は、「土用の期間におとずれる丑の日」を指すことになります。
土用の丑の日は季節の変わり目にあたるため、体調を崩さないように栄養をたっぷり摂ろうという意味も含まれています。特に夏は暑く、1年の中で一番体力が衰えやすい季節にあたります。
うなぎを食べる習慣が一般的に広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に「本日丑の日」と貼り出したことがはじまりだったと伝えられています。確かにうなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。 夏バテ防止にはピッタリの食材といえるでしょう。また、うなぎ以外には「う」のつく食べ物がよいといわれます。「丑(うし)の日」の「う」からですね。うどん・ウリ・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など、いずれも栄養価が高く、または食欲がなくても食べやすい食材ばかりです。(ネットの記事を引用しました)

今夜、我が家でも「うなぎとごぼうのまぶし飯」と「手羽先」を食べるつもりです。最近、あっさりしたものが多く、動物性たんぱく質をほとんど摂っていません。暑い夏を乗り切るためにしっかり食べて、パワーをつけたいと思います。
b0341140_851386.jpg

b0341140_8512164.jpg
b0341140_8513242.jpg
b0341140_8514380.jpg
b0341140_8515424.jpg

小太郎コーナー
最近、畑の中をよく歩くようになりました。
b0341140_8565331.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-25 18:30 | その他 | Comments(4)
2017年 07月 24日

2017年7月24日 お米作りは大変な作業です !

家の周りの田んぼの稲に穂が出始めています。ちょうど近くの田んぼでは昨日から多量の水が注がれています。昔は水路から田へ水が流れていましたが、今は地下に農業用水の水管が引かれ、家庭用の水道のように蛇口をひねると水が流れ出します。なぜこんな時期に田に水を入れているのでしょうか。疑問に思ったので調べてみると、こんなことがわかりました。
水田での稲作りでは、水管理がとても重要です。水管理が悪いと、稲の生育が悪かったり、草が多く生えたり、稲が倒れたり、稲の収穫量が悪かったりするそうです。中干しをする目的は、過剰な分げつ(分けつ)を抑えることと、土壌中に酸素を送って根を健全に保つことです。また、稲の根の一部を水根から畑根に変えたり、土を固くして、稲を倒れにくくする効果があるそうです。梅雨明け後は稲作期間中で最も高温になる時期で、根の活力が低下しやすい状況になります。この時期に長期間冠水した状態にすると土壌の中が低酸素状態になるそうです。これを防ぐ為に、田を干して稲の根の一部を水根から畑根に徐々に変えてやります。(中干しと同じ状態)また、穂が出てから穂が発育していく時期には稲の葉からの蒸散量が最も多い時期になり、稲には十分な水分が必要となります。  (ネットの記事を引用しました)
それで穂が出始めている時期なので、十分な水分が必要となり、田へ水を入れていたということなのです。そういえば、山梨の義父は夏休みに遊びにいくと、朝早くから水見に行っていました。稲作と水の管理、深い関係があるんですね。ほんとうにお米作りは大変な作業の繰り返しなんです。
b0341140_2015498.jpg

b0341140_20173618.jpg
b0341140_201679.jpg
b0341140_20162023.jpg
b0341140_20163661.jpg
b0341140_20165041.jpg
b0341140_20175230.jpg
b0341140_2018387.jpg

小太郎コーナー
小太郎、散歩に行くと、必ず草の匂いを嗅いでからウンチをします。ほとんど同じ場所です。
b0341140_20224115.jpg
b0341140_2023034.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-24 18:30 | 自然 | Comments(2)
2017年 07月 23日

2017年7月23日 アスターの花を育てる !

今年の5月の中旬、西側花壇に「アスター」という花の種を蒔きました。小さな芽が出たのをきっかけに、毎日水やりなどの世話を続けました。今では写真のように大きく生長しました。開花までもう少しです。「アスター」とは中国北部の冷涼な乾燥地帯を故郷とするキク科の草花です。春に種を蒔いて夏から秋に花を咲かせてその後枯れる「春まき一年草」です。開花期がちょうどお盆の頃に当たり、切り花として持ちも良いので日本では夏の供花としてよく利用されているそうです。花が咲いたら、さっそく仏壇に供えたいと思っています。種の袋の写真によると、いろいろな色の花が咲くようです。楽しみにしています。
5月18日 種まき
b0341140_5181983.jpg
b0341140_5183260.jpg
b0341140_5184444.jpg
b0341140_5191096.jpg
b0341140_5192169.jpg

7月22日 大きくなりました。
b0341140_5204019.jpg
b0341140_5205626.jpg
b0341140_5211053.jpg

b0341140_5212365.jpg

小太郎コーナー
芝生の根っこや小さなカエルさんと遊ぶ小太郎です。
b0341140_52648100.jpg
b0341140_527045.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-23 18:30 | 花づくり | Comments(4)
2017年 07月 22日

2017年7月22日 小太郎の書類が届きました !

娘が小太郎の血統証明書を持ってきました。今日の写真はその一部分ですが、証明書の中には小太郎の父・母、父方の祖父母・曾祖父母、母方の祖父母・曾祖父母の名前や生年月日が記載されていました。この証明書を見てびっくりしたのは、犬名がT.M.REVOLUTION JP KOTAROとなっていました。T.M.REVOLUTION (ティー・エム・レボリューション)は、西川貴教さんのソロプロジェクト名ですね。「小太郎」という名前は娘が付けましたが、T.M.REVOLUTION (ティー・エム・レボリューション)はBreederさんが考えたのかな?小太郎、革命を起こすワンコになるかもしれませんね?
b0341140_19351015.jpg
b0341140_19354090.jpg

b0341140_1944440.jpg

b0341140_1936950.jpg
b0341140_19362429.jpg

小太郎コーナー
芝生の上で遊ぶ小太郎です。
b0341140_19453657.jpg

T.M.Revolution 『WHITE BREATH』

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-22 20:30 | その他 | Comments(6)
2017年 07月 21日

2017年7月21日 芝生が枯れていく !

定年後、庭に芝生を張るのが夢だった私は、毎年こつこつと芝生張りに取り組んできました。南側はなんとか根付いたようだが、東側の芝生が上手くいかない。やはり日当たりと水はけの関係だろうか?部分的に枯れてきてしまっている。そこで7月の初め、芝生の種を蒔き、復活させる作業に取り組んでみました。もう少し早い時期にやればよかったと後悔していますが・・・
こんな状態です。
b0341140_21212381.jpg
b0341140_21213651.jpg
b0341140_21214845.jpg

芝生全体に床土を入れます。
b0341140_21225821.jpg
b0341140_21231392.jpg
b0341140_21232897.jpg

芝生の種を蒔きます。
b0341140_212475.jpg
b0341140_21241836.jpg
b0341140_21243367.jpg

蒔いた種の上に目土をかけます。
b0341140_21253487.jpg
b0341140_21254632.jpg

目土を軽く鎮圧したあとで、散水をします。
b0341140_212865.jpg
b0341140_21281970.jpg

果たして芝生は復活するのでしょうか?またブログにその様子を報告します。
小太郎コーナー
ソファーを独占する小太郎です。
b0341140_21335590.jpg
b0341140_2134794.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-21 22:00 | 花づくり | Comments(6)
2017年 07月 20日

2017年7月20日 ヒメジョオン それとも ハルジオン?

今日の写真も6月の上旬に撮影したものです。5月の中旬、私の不注意で右足大腿部に怪我( 肉離れ )
をしてしまいました。医者からはしばらくの間、長い距離のウォーキングを禁止されていますので、小太郎の散歩ぐらいの距離しか歩いていません。腫れや内出血も消え、やっと痛みは治まりました。ただ以前からの腰痛も手伝って違和感をかかえたままです。そろそろリハビリを兼ねて、いつものコースを歩こうと思っております。そんな中、散歩途中で撮影した情景です。この季節、逢妻女川の河川敷には白い小さな花が咲いています。ヒメジョオンそれともハルジオン、いつも迷ってしまいますので、詳しく調べてみることにしました。
ヒメジョオンとハルジオンを漢字で書くとこうなります。
ヒメジョオン・・・姫女苑 → かわいらしい女苑(中国にある花の名前)
ハルジオン・・・・春紫苑 → 春に咲く菊の仲間
そしてハルジオンは4月から5月にかけて開花します。ヒメジョオンは5月から8月にかけて開花します。二つの花はよく似ていますので、花びらの色と形で区別していきます。
ハルジオンは花びらがピンクっぽく、糸のように細い形をしています。
ヒメジョオンは花びらが白くて多少幅のある形をしています。
それでも分からない場合は、茎を折ってみて、中が空洞になっているものがハルジオンで、白いわたのようなものが詰まっているのヒメジョオンです。葉の付き方からも判断することができます。ハルジオンは茎を抱くように葉が付き、ヒメジョオンはまっすぐに付いているそうです。(ネットの記事を引用しました)
総合的に考えると、私の撮影した花はヒメジョオンのようですね。
b0341140_17174946.jpg
b0341140_1718557.jpg
b0341140_17181857.jpg
b0341140_17183255.jpg
b0341140_17184574.jpg
b0341140_1719014.jpg
b0341140_17191271.jpg

小太郎コーナー
真剣な顔の小太郎です。
b0341140_18162817.jpg
b0341140_1816457.jpg

[PR]

# by yamaboushi53 | 2017-07-20 18:30 | 自然 | Comments(6)