今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

2017年3月9日 便利なコーヒーコーナー ! 

さてさて、昨日紹介したリフォームした棚は台所のコーヒーコーナーの棚となりました。棚の上のタイル部分にはバリスタを置きました。このバリスタ、とても便利なコーヒーメーカーです。去年の暮れ、WiーFiルーターを更新した際、15000ポイントのキャッシュバックがありましたので、そのポイントを使って購入しました。定価は9000円ぐらいだったと思います。コーヒーの粉のコストはやや高めですが、スイッチひとつで温かいインスタントコーヒーを味わうことができます。引き出しの中にはコーヒー関連の物をしまっておきました。
b0341140_14101678.jpg
b0341140_14103419.jpg
b0341140_14104619.jpg
b0341140_1411182.jpg
b0341140_14111389.jpg
b0341140_14112768.jpg

b0341140_1414159.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-09 18:30 | ホビー・クラフト | Comments(4)

2017年3月8日 久しぶりのペンキ塗り !

アップが遅くなってしまいました。1月中旬、家内が私の部屋に置いてある多目的棚を見つけて、「この戸棚、台所で使いたいなあ。」と言い出しました。この多目的棚はかなり昔「ニトリ」さんで購入したものです。今は私のガラクタ箱になっていますので、利用目的があれば、私の部屋が広くなります。引き出しの中にもたいしたものは入っていませんでした。ガタツキもあったので、ネジで補強し、塗装をすることにしました。色は濃い茶色のウォルナットです。
b0341140_17373995.jpg
b0341140_17375240.jpg
b0341140_1738498.jpg

ぐらつきがあったので、ネジで補強しました。
b0341140_1739775.jpg

塗装の前にヤスリがけです。マスキングもしました。
b0341140_1740305.jpg
b0341140_17404542.jpg

いよいよ塗装です。ローラーとハケを使いました。
b0341140_17415651.jpg
b0341140_17421096.jpg

こんな感じになりました。
b0341140_1743357.jpg
b0341140_17431573.jpg
b0341140_17432659.jpg
b0341140_17433819.jpg
b0341140_17434957.jpg
b0341140_1744127.jpg
b0341140_17441112.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-08 19:30 | ホビー・クラフト | Comments(6)

2017年3月7日 デイジーの花苗を植えました !

鳥さんに食べられてしまった「寄せ植え」の補充用の花(アリッサム)を買いにいったとき、ついでにデイジーの花苗も買ってきました。新しくデイジーをメインにした「寄せ植え」を作り、残りの花苗はプランターに植えました。ネットでデイジーの画像を見てみると、いろいろな花の色と花の形があるんですね。デイジー全般の花言葉は「平和」「希望」「美人」だそうです。
b0341140_10365350.jpg
b0341140_1037688.jpg
b0341140_10372327.jpg
b0341140_10373547.jpg
b0341140_10374988.jpg
b0341140_1038266.jpg
b0341140_10381391.jpg
b0341140_10382599.jpg
b0341140_10383630.jpg
b0341140_10384949.jpg
b0341140_10385970.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-07 18:30 | 花づくり | Comments(4)

2017年3月6日 ブロック塀の下に咲く水仙の花

南側のブロック塀の下の空きスペースには、前回紹介したムスカリの花が咲いています。ムスカリの間には「マツバギク」や「水仙」の球根なども植えられています。ムスカリの開花と同時に水仙の花も咲き始めました。柔らかな白色の花の色を眺めていると、心まで優しく包んでくれるような気持ちになれます。この空きスペースには、ムスカリを中心に、いろいろな種類の球根を植えていきたいと思っています。
b0341140_1514547.jpg
b0341140_15142417.jpg
b0341140_15143886.jpg
b0341140_15145537.jpg
b0341140_1515954.jpg
b0341140_15152117.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-06 18:30 | 花づくり | Comments(6)

2017年3月5日 「寄せ植え」の花も鳥さんに・・・ !

玄関に置いてある「寄せ植え」の植木鉢の花が突然無くなっていました。またもや鳥さんに食べられてしまいました。今回は葉もそうですが、黄色の花が見事に無くなっていました。アンバランスになってしまった植木鉢に「アリッサム」という名の白い花苗を買ってきて、植え替えることにしました。鳥さん、これ以上花苗を食べないでください。ヤマボウシからの切なるお願いです。
b0341140_17565111.jpg

b0341140_1757521.jpg
b0341140_17571836.jpg
b0341140_17573050.jpg
b0341140_17574637.jpg
b0341140_17575744.jpg
b0341140_1758921.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-05 19:00 | 花づくり | Comments(6)

2017年3月4日 一日遅れの雛祭り !

娘が中学生の頃までは、毎年、雛人形を飾っておりましたが、だんだん私が横着になり、飾らなくなってしまいました。情けないことですね。父親として失格です。しかし、家内は3月になると、玄関の棚の上に京人形を飾っております。この京人形は以前のブログでも紹介しましたが、新婚旅行で訪れた京都清水焼の人形です。もう40年近く経っています。そして、花屋さんで桃の花を買ってきて、人形の横に飾りました。ささやかですが、我が家の雛祭りシーンです。桃の花の蕾は膨らんでいますが、残念ながら花はまだ開いていません。
b0341140_15443026.jpg
b0341140_1544527.jpg

b0341140_15462227.jpg

b0341140_15465483.jpg

b0341140_1545977.jpg

b0341140_15471215.jpg

b0341140_15474160.jpg
b0341140_15475755.jpg
b0341140_1548935.jpg
b0341140_15481867.jpg
b0341140_15482947.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-04 18:30 | その他 | Comments(4)

2017年3月3日 弥生3月 春花壇 !

啓蟄(けいちつ)
啓蟄とは、陽気に誘われて、土の中の虫が動き出すころのこと。一雨ごとに春になる、そんな季節の気配を感じながら。
桃の節句
啓蟄の次候には「桃始めて笑う」があります。桃の節句は三月三日で、まだ花はつぼみの時期ですが、旧暦の三月三日は新暦の三月下旬から四月上旬にあたり、ちょうど桃の花が咲くころ。かつては上巳の節句といい、川に穢れを流した行事が、やがて女子の健康を祈る雛祭りになりました。
「日本の七十二候を楽しむ」より引用しました。
3月になり、南側のメイン花壇に咲くパンジーやビオラの花摘みを止めて、花をどんどん開花させています。まだ花株はあまり大きくなっていませんが、これからもっと生長させていくため、施肥や水やりに心がけていきたいと思っています。前回、紹介した葉牡丹は残念な姿になってしまいましたが、綺麗な花々が春の日差しをいっぱいに浴びて、庭全体を明るくしてくれます。休眠している芝生も、暖かくなってくれば再び成長し始め、綺麗な緑色の芝生が復活することでしょう。芝生の管理もまた始まりますね。
b0341140_2022079.jpg
b0341140_20221585.jpg
b0341140_20222635.jpg
b0341140_20223836.jpg
b0341140_20225498.jpg
b0341140_2023573.jpg
b0341140_20231614.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-03 21:00 | 花づくり | Comments(4)

2017年3月2日 「老いては夫を従え」を読んで

「老いては子に従え」という諺はよく耳にしますが、今回お薦めする書籍は「老いては夫を従え」という思わず微笑んでしまう題名のエッセイ集です。笑いと涙が満載されたエッセイが27編収められています。作者は「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」の原作者柴門ふみさんです。漫画家でもあり、エッセイストでもあります。「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」はテレビドラマ化され話題になり、私も夢中になって視聴していました。書籍の帯に「老いてゆく日々を笑いに変える最新エッセイ集 クスッと笑えて、ホロッとさせる、心が元気になる一冊です。」と書かれてありました。読み終えて、まさしくその通りの内容でした。私より少し若い筆者ですが、ほぼ同じような時代を生き、同じような経験をされています。身近な話題が取り上げられているので、その感覚がよく理解できました。
本文の中にこんな文章が載っていました。
「男が最後に頼るのが女房というのは、我儘を許してくれる最後の人間だから、ということなのであろうか。」確かにうなづけます。改めて妻の存在に深く感謝をし、「老いては夫を従え」私の老後生活を見守っていってほしいと思いました。よろしくお願いします。
ちなみにこの書籍の中に柴門ふみさんの夫であるヒロカネさんという方がたくさん登場してきます。ヒロカネさんとは漫画家の弘兼憲史さんなんですね。「人間交差点」「課長島耕作」などの作品を描かれた有名な漫画家です。弘兼さんの作品も夢中になって読みました。
b0341140_19241963.jpg

b0341140_19243197.jpg
b0341140_19244365.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-02 20:00 | 本・音楽 | Comments(4)

2017年3月1日 ムスカリの花が咲きました !

去年の11月24日のブログに「ムスカリの球根植え」の様子を紹介しました。とにかく私はこのムスカリの花が好きで、計画的に球根を植えています。葉は出ていましたが、やっと可愛い青紫色の頭が地面から出てきました。花の感じがヒヤシンスに似ているので、 別名をグレープヒアシンスとも言われているそうです。南側のブロック塀の空きスペースがムスカリの花でいっぱいになる日を楽しみにしています。葉牡丹のショックをムスカリの花が慰めてくれました。
b0341140_195516100.jpg

b0341140_19552871.jpg
b0341140_19553820.jpg
b0341140_19554718.jpg
b0341140_19555697.jpg
b0341140_1956433.jpg

b0341140_2002191.jpg

b0341140_2003922.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-03-01 21:00 | 花づくり | Comments(6)

2017年2月28日 またもや鳥さんにやられた !

1月21日のブログに薔薇のような葉牡丹という見出しで、メイン花壇に葉牡丹の苗を植えたことを紹介しました。根も張り、これから大きくなっていく様子を楽しみにしていましたが、大変なことが起きてしまいました。なんと「薔薇のような葉牡丹」が見るも無残、鳥さんに葉を食べられてしまったのです。ホウレンソウに続いて、2回目です。正直ショックです。朝、庭の花壇を見ると、突然ヒヨドリが飛び去っていきました。ヒヨドリは集団で畑に現れ、キャベツやブロッコリー、イチゴ、ミカンなどの農作物を食い荒らすことがあります。キャベツもアブラナ科、花壇の葉牡丹もアブラナ科なのです。花壇に防鳥ネットをかけることもできませんので、何か良い方法を考えなくてはいけません。以前、花壇に葉牡丹を植えたことがありますが、今回のような被害は初めてです。大切に育てていただけに、悔しくてしょうがありません。
植えた時の葉牡丹の様子
b0341140_19225478.jpg
b0341140_192392.jpg
b0341140_19232719.jpg
b0341140_19233964.jpg
b0341140_19235073.jpg
b0341140_1924217.jpg
b0341140_19241380.jpg

ヒヨドリに食べられた葉牡丹の様子
b0341140_1925406.jpg
b0341140_19255467.jpg
b0341140_192677.jpg
b0341140_19261932.jpg
b0341140_19262919.jpg
b0341140_19264094.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-02-28 20:00 | 花づくり | Comments(6)

2017年2月27日 白梅と紅梅

前回、河川敷の梅の木の花の蕾と開花したての花の様子を紹介しました。ウォーキングロードの反対側の農道を歩いていると、白梅が咲いている空き地を見つけました。この空き地には蜜柑や柿の木が植えられています。他所様の敷地ですが、失礼して梅の花を撮影させていただきました。可愛い白い花がいっぱい咲いておりました。そのまま農道を歩いていくと、なにか赤い花が咲いている場所が見えてきました。歩みを進めていくと、今度は紅梅の花を見つけることができました。ここは道沿いでしたので、びくびくせずに撮影することができました。今日は白梅と紅梅の花を思う存分撮影することができ、とてもおめでたい一日になりました。我が家の梅の木は剪定をしたので、今年は花を眺めることはできないと思います。
b0341140_13424566.jpg
b0341140_13425921.jpg
b0341140_13431094.jpg

b0341140_1349957.jpg

b0341140_13433538.jpg
b0341140_13434619.jpg
b0341140_13435749.jpg
b0341140_13441194.jpg
b0341140_13442263.jpg
b0341140_1344326.jpg
b0341140_13444272.jpg
b0341140_13445290.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-02-27 18:30 | 自然 | Comments(6)

2017年2月26日 タンポポの花

ウォーキングロード沿いの田んぼの畦道にタンポポの花を見つけました。いつも見慣れている花ですが、冷たい風が吹く中でタンポポの黄色い花を見つけて、なんだか嬉しくなってしまいました。もうすぐ春です。これからタンポポの花もたくさん咲き始めると思いますが、畦道の隅で咲いているタンポポの花から春の優しい色を感じました。
b0341140_13123331.jpg
b0341140_13125068.jpg
b0341140_1313281.jpg
b0341140_13131547.jpg
b0341140_1313274.jpg
b0341140_13133977.jpg
b0341140_13134931.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-02-26 18:30 | 自然 | Comments(4)

2017年2月25日 緑色に包まれた河川敷

2月も下旬、そろそろ春の訪れを感じることができるようになりました。冬の間、深緑色をしていた逢妻女川河川敷の彼岸花の葉もだんだん色が変わってきました。残念ながら春になると枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこなくなります。そして、夏の終わりから秋にかけて、高さ30 ~50cmの枝も葉も節もない花茎が地上に突出し、その先端に苞に包まれた花序が一つだけ付きます。苞が破れると5 ~7個前後の花が顔を出します。赤い彼岸花の季節が訪れるのです。今日の写真は枯れる前の河川敷の彼岸花の葉の様子です。
b0341140_14565892.jpg

b0341140_14571174.jpg

b0341140_1147326.jpg

b0341140_14573334.jpg
b0341140_14575278.jpg
b0341140_145868.jpg
b0341140_14582021.jpg
b0341140_14583744.jpg
b0341140_14585041.jpg
b0341140_1459136.jpg
b0341140_14591417.jpg
b0341140_14592483.jpg
b0341140_14593727.jpg
b0341140_1459481.jpg
b0341140_14595827.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-02-25 18:30 | 自然 | Comments(4)

2017年2月24日 春を告げる河川敷の梅の木 !

彼岸花で有名な逢妻女川河川敷の斜面には数本の梅の木が植えられています。毎回、ウォーキングのおりに梅の蕾を観察しておりますが、いよいよ開花直前となりました。もう一本の梅の木には可愛い白い花が咲いておりました。春が近づいていますね。
b0341140_13133890.jpg
b0341140_13135125.jpg
b0341140_1314382.jpg
b0341140_13141528.jpg
b0341140_1314269.jpg
b0341140_13143819.jpg
b0341140_13145051.jpg
b0341140_1315216.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-02-24 18:30 | 自然 | Comments(6)

2017年2月23日 じゃがいも用の畝づくり

先日、春じゃがいもを栽培するため「キタアカリ」という品種の種イモを買ってきました。地域の方に聞いてみると、「植え付けは3月でいいから、早めに土づくりをしておいた方がいいよ。」と、教えていただきました。ホウレンソウが植えてあった畝を鍬で耕し、苦土石灰と牛糞をまき、とりあえずじゃがいも用の畝を二つ作りました。種イモを植える時は、再度土を掘り起こし、施肥をした上に土を被せ、種イモを植えていきたいと思っています。
b0341140_11543935.jpg
b0341140_11545211.jpg
b0341140_1155333.jpg
b0341140_1155148.jpg
b0341140_11552616.jpg
b0341140_11553913.jpg
b0341140_11555022.jpg
b0341140_1156179.jpg
b0341140_11561269.jpg

[PR]
# by yamaboushi53 | 2017-02-23 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)