今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 31日

2016年8月31日 今年の夏野菜づくり ① 

まだ暑さが続いていますが、明日からいよいよ9月が始まります。裏の畑の夏野菜の収穫がほぼ終わり、キュウリやトマトの棚やネットなどを片付け、秋野菜づくりのスタートの時期となりました。今日からシリーズで今年取り組んだ夏野菜の様子を紹介していきます。ちなみに今日8月31日は「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせから「野菜の日」だそうです。
なた豆
b0341140_17214216.jpg

キュウリ
b0341140_17223233.jpg
b0341140_17232688.jpg
b0341140_17234188.jpg

オクラ
b0341140_1724215.jpg
b0341140_17243956.jpg
b0341140_17253130.jpg
b0341140_17254758.jpg

シシトウ
b0341140_17264451.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-31 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)
2016年 08月 30日

2016年8月30日 「モリゾー・キッコロ」に大変身 !

昨日紹介した「コキア」の8月の写真です。植木鉢に3つの苗を植えたので、本当にこんもり大きく育ち、まさに「モリゾー・キッコロ」状態になりました。「コキア」に目と口を付けたくなりました。本当に可愛い植物です。
b0341140_20162123.jpg
b0341140_20172390.jpg
b0341140_20184246.jpg
b0341140_20191165.jpg

b0341140_20202215.jpg

b0341140_20222122.jpg
b0341140_20281078.jpg
b0341140_20283491.jpg
b0341140_20285074.jpg
b0341140_2029963.jpg
b0341140_20292320.jpg
b0341140_20293671.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-30 18:30 | 花づくり | Comments(2)
2016年 08月 29日

2016年8月29日 癒しの植物 「コキア」 ! 

7月の初め、「コキア」という植物の苗を買ってきて、植木鉢に植えました。この植物は大きくなると、とてもふんわりした草姿になり、可愛い雰囲気を私たちに与えてくれます。2005年に開催された「愛・地球博」のマスコットキャラクター「モリゾー・キッコロ」にそっくりになります。
「コキア」はアサガオ科で原産地はアジアです。別名 ホウキギ ホウキグサ ニワグサとも呼ばれています。春にタネをまくと晩秋に枯れる一年草です。枝を束ねてホウキに利用していたことから「ホウキギ」の和名があります。夏になると茎に小花をびっしりと付けます。花には雄花と雌花があります。花びらはなく、淡緑色の萼があります。夏は爽やかなグリーン色の葉ですが、秋になると真っ赤に紅葉する姿が美しいです。(ネットの記事を引用しました)
b0341140_19342633.jpg
b0341140_1934561.jpg

今回は今まで使用した古い培養土に増し土を加え、土づくりを行いました。
b0341140_19374132.jpg
b0341140_193886.jpg
b0341140_19383089.jpg
b0341140_19384618.jpg

b0341140_19403780.jpg
b0341140_19405110.jpg

b0341140_19415249.jpg

b0341140_19431257.jpg

b0341140_19433287.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-29 20:30 | 花づくり | Comments(6)
2016年 08月 28日

2016年8月28日 カラーリーフを楽しむ 

昨日のブログで紹介したメイン花壇の左側に植えてあるコリウスです。コリウスは初夏から秋にかけて見ごろになる葉を鑑賞する観葉植物です。葉の色は赤、桃、黄色、緑が入り混じり、美しい模様を描きます。この観葉植物に魅せられたのは確か3年前だったと思います。我が家の夏花壇には欠かせない植物になりました。ただ水が不足してしまうと、すぐに葉がしおれてしまいます。さし木で増やすのも比較的簡単なようです。来年は畑の西側花壇にも植えてみたいと思っております。毎日、花壇のカラーリーフを眺めて、楽しんでおります。
b0341140_1854038.jpg
b0341140_18541473.jpg
b0341140_18542616.jpg
b0341140_18544031.jpg
b0341140_1855212.jpg
b0341140_18551659.jpg
b0341140_18553019.jpg
b0341140_18554317.jpg
b0341140_18555633.jpg
b0341140_1856840.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-28 19:30 | 花づくり | Comments(4)
2016年 08月 28日

2016年8月27日 花盛り ! 夏花壇

6月15日のブログに今年の夏花壇づくりの様子を紹介しました。あれから約2か月が経ち、今日はその後のメイン花壇の様子を紹介します。花壇の土が培養土のため、夏場は毎日水やりをしないと土が乾燥してしまい、花の勢いも無くなってしまいます。毎日の世話の大切さを痛感しております。ブログを書きながら、6月15日の写真と見比べてみると、花々の生長に本当に驚かされました。これからしばらくの間、花々の鑑賞を楽しながら、春花壇の計画に取り掛かっていきたいと思っています。
b0341140_104535.jpg
b0341140_1051080.jpg
b0341140_1052498.jpg
b0341140_1055343.jpg
b0341140_1062175.jpg
b0341140_1063470.jpg

b0341140_1073265.jpg
b0341140_1074596.jpg

b0341140_10142982.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-28 10:10 | 花づくり | Comments(1)
2016年 08月 26日

2016年8月26日 花に囲まれて

今日は東側のフェンスに飾られている鉢物の紹介です。ひとつはハツユキカズラという植物です。ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属の蔓性低木で、耐寒性があります。寒さには耐え、夏も直射日光による葉焼けに注意すれば、丈夫に育つ植物です。この植物の良さはやはり葉の色です。白やピンクに変化していきます。花壇の下草や寄せ植えなどに使われています。もうひとつは千日紅の花です。鉢に植えられている千日紅は、今年種から育てたものです。赤色の花がまるでぼんぼりのようです。とてもかわいらしい花です。切り花として楽しむこともできますが、ドライフラワーにすることもできます。殺風景なフェンスも鉢物を飾ることによって、明るい雰囲気になりますね。
ハツユキカズラ
b0341140_1511823.jpg
b0341140_15112223.jpg
b0341140_1511377.jpg
b0341140_15114972.jpg
b0341140_1512270.jpg

千日紅
b0341140_15132617.jpg
b0341140_15133941.jpg
b0341140_15135212.jpg
b0341140_1514430.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-26 18:30 | 花づくり | Comments(6)
2016年 08月 26日

2016年8月25日 蝉時雨を聴きながら

裏の畑で草取り作業をしていると、仕事に夢中になってしまい、周りの音に気が付きません。額から流れる汗をタオルで拭きながら、ベンチに座り、水分補給をしていると、蝉の鳴き声が聴こえてきました。鳴き声のするほうに近づいてみると、アブラゼミが鳴いています。照り付ける太陽の下で聴く蝉時雨。かなり激しい音にもかかわらず、夏を感じさせる音として受け止めることができます。季節を音から感じるのもなかなか素敵なことだと思います。
b0341140_12463530.jpg

b0341140_12465432.jpg
b0341140_12471323.jpg
b0341140_12472774.jpg
b0341140_12474047.jpg
b0341140_1247525.jpg
b0341140_1248530.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-26 12:49 | 自然 | Comments(2)
2016年 08月 24日

2016年8月24日 効果はあるのでしょうか?

最近困ったことが起きています。それは玄関のタイルの上に鳥の糞が落ちているのです。以前はそんなことはありませんでしたが、8月に入り、頻繁に糞が付着しています。糞をする鳥はいつも芝生に遊びにくるハクセキレイさんです。日陰になっているので、一休みしやすいのでしょうか。玄関から鳥を追い払うため、家内が私の作った「しゃもじ顔」のクラフトをメールボックスの取っ手にぶらさげました。この「しゃもじ顔」はしゃもじの形を利用し、ユニークな顔を両面に描いたものです。紐でぶらさげてあるので、ぐるぐる回ります。これでハクセキレイさんを威嚇しようというねらいのようですが・・・。果たして効果はあるのでしょうか?
玄関のタイルに付着した糞
b0341140_20484379.jpg

松の枝の上で様子を伺うハクセキレイ
b0341140_2049485.jpg
b0341140_205035.jpg

玄関のメールボックスの取っ手にぶらさげられた「しゃもじ顔」です。
b0341140_20505940.jpg
b0341140_20511290.jpg
b0341140_20512530.jpg
b0341140_20513762.jpg
b0341140_20515110.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-24 21:36 | ホビー・クラフト | Comments(2)
2016年 08月 23日

2016年8月23日 網戸の張り替え

処暑(しょしょ)
今日8月23日は二十四節気の一つで、暑さが和らぐ頃とされる「処暑」です。朝の風や虫の声に、秋の気配が漂い出します。
「日本の七十二候を楽しむ」より引用
北側2階洗面所の上の小窓の網戸にガムテープが貼ってありました。家内に訊ねてみると「網戸が破れてしまったので、応急処置 ! 」 確かにこれで外からの害虫は入ってきません。しかし、網戸にガムテープは、やはり気になります。この網戸も家を建ててから一度も張り替えをしていないので、網戸そのものが劣化しています。以前、1階の網戸の張り替えを経験していますので、ひとがんばりすることにしました。業者に頼めば、綺麗にやっていただけますが、これぐらいなら素人でもできます。張り替え方法は説明書やホームセンターで見た張り替えの実演を思い出しました。やはりポイントは網戸にたるみができないようにしなければいけません。そのために必要なグッズは網押さえゴムと細溝用ローラーです。網戸の押さえゴムはメーカーによって、その太さが異なります。今まで使っていたゴムの直径を測って購入すればいいのですが、分からない場合でも写真のような共用タイプを用意すれば、溝に合わせて細くすることもできます。便利なものがあって助かります。ローラーもゴムを溝の中に押し込むとき、とても作業しやすい道具です。では、作業の様子を紹介します。
破れた網戸の様子
b0341140_17341100.jpg
b0341140_1735697.jpg
b0341140_174107.jpg

溝のゴムを取り外します。
b0341140_17543100.jpg

今回使用した道具です。
b0341140_1772844.jpg
b0341140_1774715.jpg

少し大きめにネットを切り、網戸の枠に置き、クリップで留めます。
b0341140_17101679.jpg

今回はゴムが使える状態でしたので、そのまま利用しました。ローラーを使って、ゴムを溝に押し込みます。この時、角の押さえが大切になります。そのためにもネットの四角に切れ込みを入れておくと綺麗に仕上がります。
b0341140_17151417.jpg
b0341140_17152637.jpg
b0341140_17154190.jpg

ゴムがちゃんと溝に入ったら、余分なネットをカッターナイフで切り取ります。
b0341140_1718798.jpg

できあがりはこんな感じです。
b0341140_1719438.jpg
b0341140_17191724.jpg

この網戸はYKKの網戸です。YKKと言うとファスナーをすぐ連想しますね。社名の由来は旧社名である「吉田工業株式会社(Yoshida Kogyo Kabushikigaisha)」の略称で、Yは創業者の吉田忠雄さん(富山県魚津市出身)の苗字からきているそうです。
b0341140_1926526.jpg

こんな風にして、なんとか網戸の張り替えを終了することができました。同じく北側2階のトイレの網戸も破れていることに気がつきました。次回、修理したいと思っています。コツさえ覚えれば、なんとか素人でもできますよ。
[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-23 20:30 | ホビー・クラフト | Comments(6)
2016年 08月 22日

2016年8月22日 続いてヒマワリの種取り !

昨日のメロンの種取りに続き、今度はヒマワリの種取りの様子を紹介します。今年はいつもより早くヒマワリの苗を育て、西側花壇に植えました。7月中に開花し、8月の上旬にはもう枯れてしまいました。しばらくそのままにしておくと、咲いた花の後に種ができていました。今年のヒマワリは買ってきた種を使いましたが、来年は今年咲いたヒマワリの種を使うつもりです。思った以上に、たくさんの種を取ることができました。この種も大切に保管しておきます。来年用にカボチャ・メロン・ヒマワリ、3種類の種が揃いました。後はオクラの種も取っておきたいと思います。
ペットボトルの容器の上部を切り取ると、多目的に使える入れ物になりますよ。
b0341140_22434823.jpg

b0341140_22451455.jpg

b0341140_224481.jpg
b0341140_22442172.jpg

b0341140_22454864.jpg
b0341140_2246860.jpg
b0341140_22462286.jpg
b0341140_22463771.jpg
b0341140_22465310.jpg
b0341140_224753.jpg
b0341140_22471963.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2016-08-22 18:30 | 花づくり | Comments(4)