今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2015年4月30日 小枝を銜えて何処いくの?

今日も畑仕事をしていると、キジバトが飛んできました。生垣の下で餌さがしをしているのかなと思っていましたが、そうではありませんでした。生垣の下に落ちている小枝をくちばしに銜え、行ったり来たりしているのです。音をたてないようにカメラを構え、なんとかその様子を撮影することができました。キジバトは巣を作るために適当な大きさの小枝を探していたのでした。あちこち小枝を探しまわるキジバトの動きが印象的でした。
b0341140_1750162.jpg
b0341140_17503285.jpg
b0341140_17505027.jpg
b0341140_1751731.jpg
b0341140_17512338.jpg
b0341140_17513757.jpg
b0341140_17515067.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-30 18:30 | 自然 | Comments(6)

2015年4月29日 春のお客様

畑仕事をしていると、春のお客様が突然いらっしゃいます。以前のブログで紹介した「だいこんの花」には蝶や蜂が飛んできます。土をいじっていると、大きなミミズやカエルが顔を出します。ちゃんと春になると我が家に足を運んでくださる大切なお客様。「おもてなし」はできませんが、ゆっくり休んでいってください。
b0341140_2041410.jpg
b0341140_20412018.jpg
b0341140_20413218.jpg
b0341140_20415493.jpg
b0341140_20421126.jpg
b0341140_20422295.jpg
b0341140_20423661.jpg
b0341140_20425051.jpg
b0341140_2043265.jpg
b0341140_2043136.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-29 18:32 | 自然 | Comments(6)

2015年4月28日 伊勢正三コンサート

新聞を読んでいたら、伊勢正三さんのコンサートの記事が載っていました。私の世代は「かぐや姫」世代と言ってもいいでしょう。「神田川」がヒットしたとき、私も東京で3畳一間の下宿に住んでいました。「かぐや姫」が解散して、正やんは「風」というフォークデュオを結成しました。「22才の別れ」「なごり雪」「あの唄はもう唄わないのですか」「置手紙」「ささやかなこの人生」など、素晴らしい曲を私の心の襞に刻んでくれました。去年、南こうせつさんと伊勢正三さんが「ひめ風」というグループを作り全国ツアーを行ったとき、コンサートに出掛けました。実は私の家内は正やんの大ファンであります。私よりも多くコンサートに出掛けています。母の日プレゼントにと、早速電話をかけると、即チケット予約ができました。その日のうちにコンビニでチケットを入手することができました。ライブの雰囲気、やっぱりいいですね。正やんの音楽の世界に浸ってきます。
b0341140_19513690.jpg
b0341140_19514715.jpg


[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-28 18:30 | 本・音楽 | Comments(10)

2015年4月27日 畑のネギ坊主

畑に植えてあるネギにネギ坊主ができました。ネギ坊主とはネギの花のことです。球状についた白い小さな花を坊主頭に見立てて呼んでいます。今年の春はいつも食べている野菜の花をたくさん見ることができました。ネギ坊主、とても可愛い花ですね。
袋がわれる前
b0341140_8505957.jpg
b0341140_8511499.jpg

袋がわれた後
b0341140_8523348.jpg

b0341140_8524981.jpg
b0341140_853228.jpg
b0341140_8531244.jpg
b0341140_8532080.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-27 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(7)

2015年4月26日 土手のつくしんぼう

家の近くの土手でたくさんの土筆を見つけました。今日の写真の土筆は既に胞子を散布した後のようです。土筆の周りにはスギナが繁茂していました。幼い頃、春になると土筆採りに出掛け、はかまを取ったあと、母に煮てもらったことを想い出しました。口の中にひろがる独特の苦みは今でも覚えています。
b0341140_8261298.jpg
b0341140_8262655.jpg
b0341140_8263696.jpg
b0341140_8264724.jpg
b0341140_8265624.jpg
b0341140_827739.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-26 18:30 | 自然 | Comments(4)

2015年4月25日 小さな苺畑

2年前の春、苺の苗を購入し畑に植えました。その年はほとんど実らず、そのまま枯れてしまうのかなと思っていましたが、昨年の春には株が広がり、小さな苺畑になりました。白い花も咲き、たくさんの苺を収穫することができました。確かに苺は多年草で、冬の間の管理さえしっかり行っておけば、春になると縮こまっていた株が元気に活動し始め、生長スピードも速くなるそうです。今年も小さな苺畑に白い花が咲き始めました。水の管理や受粉などの細かい作業を怠らず、苺の収穫にむけて頑張っていきたいと思っています。
b0341140_1931122.jpg
b0341140_19312759.jpg
b0341140_19313813.jpg
b0341140_19314910.jpg
b0341140_19315950.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-25 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)

2015年4月24日 木蓮の花が咲きました

以前のブログで木蓮の苗木を植えたことを紹介しましたが、やっと白い可憐な花が咲きました。感激しました。木蓮のことが気になり、開花までの様子を写真に撮りました。今後は苗木がちゃんと根付くように気を配って手入れをしていきたいと思います。
b0341140_19202560.jpg

b0341140_19204098.jpg
b0341140_1922138.jpg
b0341140_19221236.jpg
b0341140_19222175.jpg
b0341140_19223096.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-24 18:30 | 花づくり | Comments(6)

2015年4月23日 松の木の緑摘み

先週、松の木の「緑摘み」を行いました。我が家の玄関前の庭には松の木が植えられています。この松の木は亡き父がとても大切にしていたものです。昨年、植木屋さんに剪定をしてもらいました。「松は金くい」と言われるように剪定代も高額でした。今年は少しでも自分の手で剪定ができるように頑張っていますが、時間と労力がかかります。手始めに小さな松の木を行い、後日、大きな松の木を行う予定です。もちろん脚立にのぼり、危険が伴う作業になります。父も松の木と体をロープで結び、剪定をしていました。「緑摘み」という作業は今年でた新芽(ろうそく)をやわらかいうちに手で折り取り、枝の節間を短くし、芽数を調節する作業です。庭に出て、松の木を見るたびにため息が出てきます。今年やらないと新芽がのび、来年の作業が更に大変なものになっていきます。脚立から落ちないように気をつけ、時間をかけてじっくりゆっくり取り組んでいきたいと思っています。
b0341140_18422751.jpg
b0341140_18423882.jpg
b0341140_18425563.jpg
b0341140_1843484.jpg
b0341140_1843138.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-23 18:30 | 花づくり | Comments(6)

2015年4月22日 だいこんの花

畑の駐車場スペースに、なんと「だいこんの花」が咲いているではありませんか。こんな場所に植えた記憶はありませんので、これは昨年、おでん大根を栽培した際、間引きした苗がそのまま大きく生長したようです。花が枯れるまで、しばらく車を駐車することができません。さて、だいこんの花を見ながら想い出したことがありました。確か「だいこんの花」と言うタイトルのドラマを昔放映していました。調べてみると、1970年から1977年まで、森繁久彌、竹脇無我が出演し、テレビ朝日で放送されていました。森繁久彌演じる永山忠臣は、早く妻を亡くしてからは竹脇無我演じる一人息子・誠を男手ひとつで育てあげました。忠臣は妻を「だいこんの花のような、素朴だが美しく控えめな人だった」と語っていたそうです。明治世代の頑固親父と戦後世代の現代っ子の家族模様を綴ったドラマでした。
人知れず 忘れられた茎に咲き 
人知れず こぼれ散り
細かな白い だいこんの花
b0341140_204494.jpg
b0341140_2041762.jpg
b0341140_2044543.jpg
b0341140_2045821.jpg
b0341140_2051147.jpg
b0341140_205214.jpg
b0341140_2053415.jpg
b0341140_2054537.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-22 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)

2015年4月21日 顔ありパンジー全員集合!

我が家のメイン花壇のパンジーやビオラの花は春の日差しを浴び、元気いっぱいに育っています。さて今日はパンジー・ビオラの花に関係した面白いエピソード話を紹介します。以前の職場でパンジーの苗を注文する用紙に「顔あり」「顔無し」と書いてありました。最初はその意味を理解することができませんでしたが、カタログの写真を見ていると、「顔あり」は花に模様が付いており、「顔無し」はただの単色の花のことでした。つまり、パンジーの花を顔に例えた表現方法でした。我が家のパンジーとビオラはほぼ「顔あり」です。よくよく見ると、とても愛嬌のある顔をしています。ヒゲがあったり、耳があったり、目があったり、大きな鼻があったりして、豊かな顔の表情を見ているだけで思わず微笑んでしまいます。
b0341140_15203968.jpg
b0341140_15204911.jpg
b0341140_15205917.jpg
b0341140_15211139.jpg
b0341140_15212099.jpg
b0341140_15212966.jpg

b0341140_1536624.jpg

b0341140_15365796.jpg

b0341140_1521412.jpg
b0341140_15215157.jpg
b0341140_1522182.jpg

[PR]
by yamaboushi53 | 2015-04-21 18:30 | 花づくり | Comments(6)