今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野菜・果物づくり( 188 )


2018年 02月 18日

2018年2月18日 お部屋の中で野菜作り

畑の野菜も残すところ大根、白菜、キャベツだけになってしまいました。トンネルハウスで育てているホウレン草はやっと発芽し、まだ食べられる状態ではありません。そこでお部屋の中で育てることができる「カイワレ大根」づくりに初めて挑戦してみました。野菜高騰のおり、自給自足で頑張っております。上手くできるかな?種代は400円ぐらいでした。
b0341140_16243333.jpg
b0341140_16245679.jpg
b0341140_1625829.jpg
b0341140_16252876.jpg
b0341140_16254273.jpg
b0341140_16261539.jpg

種を蒔く容器とキッチンペーパーを用意します。
b0341140_16284593.jpg

容器の中にキッチンペーパーを敷き、水を入れます。
b0341140_1630781.jpg
b0341140_16301974.jpg

最後に種を蒔き、芽がでるまで部屋の暗い場所に置きます。発芽したら、日光に当てます。
b0341140_163218100.jpg
b0341140_16322994.jpg
b0341140_16324184.jpg

小太郎コーナー
2月のトリミングのあと、記念撮影をしました。今回はバラの首輪のプレゼントでした。
b0341140_16355389.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2018-02-18 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(2)
2018年 02月 03日

2018年2月3日 大根の収穫 !

節分 (2月3日)
昔は、季節の変わり目にあたる立春、立夏、立秋、立冬の前日がすべて節分とされていました。一年の節目にあたる春の節分に重きが置かれはじめたのは、室町時代からだそうです。季節の変わり目には悪魔が出てくるといわれ、豆が「魔滅」の音に通じることから「鬼は外、福は内」のかけ声で豆まきをするならわしが始まったそうです。数え年で自分の歳の数(地方によっては歳よりひとつ多い数)の豆を食べると、健康になるといわれています。
「日本の七十二候を楽しむ」より引用しました。
昨年の10月11日のブログで大根の種まきの様子をお知らせしました。あれから約4カ月が経ち、なんとか食べられる大きさの大根ができあがりました。今年はおでん大根ではなく、青首大根「宮重大根」という品種の種を蒔きました。野菜高騰のおり、自家製野菜を食べられることに感謝しています。味噌汁に入れたり、おでんにしたり、ほんとうに助かっています。
b0341140_16335360.jpg
b0341140_1634320.jpg
b0341140_1634151.jpg
b0341140_16343461.jpg
b0341140_16344251.jpg
b0341140_16345378.jpg
b0341140_1635257.jpg

小太郎コーナー
ただいま鉄分補給中です?
b0341140_16383950.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2018-02-03 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2018年 01月 31日

2018年1月31日 今夜は焼きそば・・・ !

早いもので1月も今日で終わり ! 明日から2月が始まります。さて、今日のブログのタイトルは「今夜は焼きそば・・・ ! 」です。私は昔から焼きそばが大好物です。家内は私の健康を考えて、いろいろなメニューを考えてくれます。頭が下がります。「今日の夕ご飯、何にする?」「焼きそばが食べたいな。」「そろそろキャベツが使える?」「ひとつ採ってみるか。」そんな会話をしながら、私は畑に出かけました。結球をしていましたが、白菜ほどボリュームはありませんでした。このキャベツも今年初めて挑戦したものです。苗から育てました。ひとつ採ってみましたが、まだ葉が少なかったようです。とりあえず自家製キャベツを入れた焼きそばができあがりました。土の香りがして、とても美味しくいただくことができました。
b0341140_20345346.jpg
b0341140_203545.jpg
b0341140_20351854.jpg
b0341140_20352837.jpg
b0341140_20353988.jpg
b0341140_20355084.jpg

小太郎コーナー
私が用があって出かけるとき、小太郎は居間から見送ってくれます。
b0341140_20384433.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2018-01-31 18:29 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2018年 01月 19日

2018年1月19日 実のなる木の剪定

我が家の畑には実のなる木が植えてあります。栗の木、梅の木、八朔の木、蜜柑の木、伊予柑の木、そして去年たくさんの実のなった柿の木です。柑橘系の木にはまだ実が付いているので剪定することができません。梅の木と栗の木と柿の木は計画的に剪定をしていこうと考えております。低いところの枝は枝切り用の鋸を使っておりますが、高い枝は今日の写真のような高枝鋸を使っております。しっかりした太い枝はとても切りやすいのですが、細い枝は枝そのものがしなったり、動いてしまい、なかなか上手く切ることができません。冬の間、畑仕事があまり無いので、剪定の作業を毎日少しずつ行っていこうと思います。
b0341140_195855.jpg

b0341140_14465562.jpg

b0341140_14501381.jpg

b0341140_14503081.jpg

b0341140_14532275.jpg

小太郎コーナー
散歩の途中、小太郎は止まって私の顔を見ます。「小太郎、行くよ !」と言うと、再び歩き始めます。アイコンタクトができるようになったのかな?

b0341140_196820.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2018-01-19 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2018年 01月 16日

2018年1月16日 大きく育った我が家の白菜 !

10月27日のブログに白菜の苗を植えたときの様子をお知らせしました。初めての白菜栽培、うまくいくかどうか不安でしたが、野菜作り名人Aさんからのアドバイスをしっかり守り、育てていきました。やはり害虫対策としてオルトランを散布したり、防虫ネットを使用したことで虫による被害をくいとめることができました。結球が始まり、外側を紐でしばりました。時間とともに大きく膨らんでいく様子をまじかで観察することもできました。苗植えから約2か月が経ち、はじめての白菜の収穫を行いました。予想以上に大きな白菜になりました。家内も大喜びでした。さっそく包丁で切り、白菜の漬物づくりをしました。野菜作りのレパートリーがひとつ増えました。
b0341140_20455718.jpg
b0341140_20461056.jpg
b0341140_20462562.jpg
b0341140_20463973.jpg
b0341140_20465655.jpg
b0341140_2047941.jpg
b0341140_20472298.jpg

小太郎コーナー
食卓の上の食べ物を探しています。
b0341140_2051201.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2018-01-16 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 12月 28日

2017年12月28日 冬の野菜づくり

丹波の黒豆を収穫したあとの畝がひとつ残っていたので、今年最後の野菜づくりをすることにしました。この時期、種を蒔いても温度が低いため、発芽することはありません。やはりトンネルハウスを活用するしか方法はありません。ホームセンターに行き、寒さに強い種を探したところ、「改良日本ほうれん草」という品種の種が売っていました。種の袋の後ろを見ると、トンネルハウスならなんとかできそうです。畝の土づくりは既に済んでいるので、早速ハウスを作り、種を蒔いてみました。果たして発芽するでしょうか。毎日、水やりをしながら観察しています。楽しみです。
b0341140_181423100.jpg
b0341140_18143596.jpg
b0341140_1815061.jpg
b0341140_18151051.jpg
b0341140_18152594.jpg
b0341140_18154578.jpg
b0341140_1816286.jpg
b0341140_18161637.jpg
b0341140_18162910.jpg
b0341140_18164416.jpg
b0341140_18165544.jpg
b0341140_18171153.jpg

小太郎コーナー
寒さに弱い小太郎です。
b0341140_18201977.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-12-28 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 12月 26日

2017年12月26日 「冬瓜」も頂きました !

昨日の「かぼちゃ」に引き続き、「冬瓜」も頂きました。子供の頃はよく食べていましたが、最近は口にする機会が少なくなりました。懐石料理で食べるぐらいです。「冬瓜」そのものを見るのもほんとうに久しぶりです。原産はインド、東南アジアです。7 ~ 9月に収穫し、実は大きいもので短径30 cm、長径80 cm程度にもなるそうです。完熟後皮が硬くなり、貯蔵性に優れています。丸(玉)のままなら冷暗所保管で冬まで日持ちすることから、冬瓜と呼んだそうです。ネットで調べてみると、「冬瓜」を使ったレシピがいっぱい載っていました。冬瓜の食感、懐かしいです。
b0341140_1955997.jpg

b0341140_1961154.jpg
b0341140_1962480.jpg
b0341140_1963549.jpg

小太郎コーナー
最近、白いゲートの間から隙間を作って、他の部屋へ来るようになりました。脱走チワワです。
b0341140_1992731.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-12-26 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 12月 25日

2017年12月25日 「かぼちゃ」を頂きました !

12月22日(金)は今年の冬至でした。その前日に地域の方から可愛い「かぼちゃ」を頂きました。食べてもいいのですが、そのまま飾っておいても素敵です。退職してから地域の方々と交流する機会が増え、野菜を頂いたり、我が家の果物や野菜をあげたりしています。その方は必ず仏壇にお供えする仏花を持ってきてくださいます。ほんとうに頭の下がる思いです。
さて、冬至の日にかぼちゃを食べると良いと昔から言われています。その理由を調べてみました。
①身体が温まり免疫力が上がり、寒い冬を乗り越えることができる。
②風邪の予防にも中風の予防にも良く、長生きができる。
その習わしが今も残り、「冬至にかぼちゃを食べれば風邪予防になる」と言われる由来です。かぼちゃにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分がバランスよく含まれていて、風邪予防、がん予防、冷え性、体力回復、動脈硬化、貧血、老化予防とたくさんの効果があります。

「ネットの記事を引用しました。」
私の場合はやはり最後の老化予防ですね。かぼちゃを煮てもらって、どんどん食べたいと思います。
b0341140_18423368.jpg
b0341140_18424810.jpg
b0341140_1843016.jpg
b0341140_18431144.jpg
b0341140_18432326.jpg

小太郎コーナー
月に一度、トリマーさんにシャンプー、カット、爪切りなどをしてもらっています。トリミングを終えると可愛い首輪が付いています。今月はクリスマスの首輪でした。
b0341140_18504086.jpg
b0341140_1851072.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-12-25 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 12月 23日

2017年12月23日 丹波の黒豆づくり ③

「丹波の黒豆」シリーズ、今日が最後の投稿になります。干しておいた黒豆の鞘がほぼ乾いたので、鞘を割って、黒豆を取り出してみました。ここで黒豆づくりの難しさを改めて痛感しました。たくさん鞘がありましたが、割ってみると、まだ柔らかい豆、虫に喰われた豆、腐っている豆などが非常に多く、理想の黒豆はそんなに多く収穫することができませんでした。来年度への課題ができました。やはり大豆よりも黒豆は難しいんですね。とりあえず来年用の種を袋に入れ、保存しておきました。残りは家内に煮てもらう予定です。
b0341140_170321.jpg
b0341140_1702034.jpg
b0341140_1703381.jpg
b0341140_1704738.jpg
b0341140_171058.jpg

b0341140_17584916.jpg
b0341140_175989.jpg
b0341140_17592446.jpg
b0341140_17594199.jpg
b0341140_17595523.jpg
b0341140_1801021.jpg
b0341140_1802449.jpg

小太郎コーナー
午前中は日当たりの良いこの場所で外を見たり、横になったりしています。
b0341140_1832935.jpg
b0341140_1834556.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-12-23 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(2)
2017年 12月 22日

2017年12月22日 丹波の黒豆づくり ②

冬至 2017年の冬至は12月22日(金)です。
冬至とは、一年でもっとも昼が短く、夜が長いころのこと。これから日が伸びていくので、古代には冬至が一年のはじまりでした。 「日本の七十二候を楽しむ」より引用
丹波の黒豆づくりのNO2です。畝から抜いた黒豆をどこに干したらいいのか、干す場所をいろいろと考えてみました。せっかく乾燥したのに、雨や露で濡れてしまってはいけません。結局、カーポートの下が風通しもよく濡れないので、しばらくの間、ここで乾燥させることにしました。時間が経つうちに黒豆の鞘の色がだんだん茶色になってきました。
b0341140_185390.jpg
b0341140_1851928.jpg
b0341140_1853111.jpg
b0341140_1854219.jpg

小太郎コーナー
小太郎くん、どこで寝ているんですか ! そこはトイレですよ。
b0341140_1882549.jpg
b0341140_1883977.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-12-22 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(2)