今日の風に吹かれましょう

kazefuku53.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野菜・果物づくり( 166 )


2017年 10月 21日

2017年10月21日 この植物はなんでしょう ?

b0341140_19155480.jpg
b0341140_19161215.jpg
b0341140_19162645.jpg
b0341140_1916386.jpg

b0341140_6455131.jpg

b0341140_19164981.jpg

まずは4月14日のブログをご覧ください。
答えはアスパラガスです。この植物も今年初めて挑戦したものです。アスパラガスの株を植えたところ、しばらく経つと芽が出てきました。そして今は写真のような茎葉が育っています。この茎葉はとても細いので、周りに支柱を立て、ヒモを張り、倒れないようにしています。晩秋になると地上部が枯れてくるそうです。12月ごろ、枯れた茎葉を株元が刈り取ります。そして、追肥を行い、土寄せをしておきます。次年度も同じ工程を繰り返します。アスパラガスの収穫はおおよそ3年目の春ごろからです。根気のいる作業が続きますが、アスパラガスの収穫を楽しみに頑張っていきたいと思います。
小太郎コーナー
ゲートを置くと、その先には行きません。でも、いつ飛び越すか、心配しております。
b0341140_203138.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-21 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(2)
2017年 10月 20日

2017年10月20日 小松菜の種まき !

ホウレン草の次に小松菜の種を同じ畝に蒔きました。小松菜はアブラナ科の野菜で適応力が高く、比較的簡単に育てることができる葉物野菜です。ネットには小松菜を使ったレシピがたくさん紹介されています。小松菜は連作が可能な野菜で、厳寒期を除けば1年を通して育てることができます。前回はトンネルハウスで育てたので、寒さに負けず立派な小松菜になりました。特に育てやすい時期は害虫被害の少ない秋(9月~10月頃)になります。ホウレン草の種に比べ、非常に小さな種ですので、できるだけ蒔き方に注意して、条蒔きをしました。発芽したら間引きをして、最終的には5cmぐらいの株間にしていきます。この小松菜の種もちょっと古いので心配です。
b0341140_1521883.jpg
b0341140_15212468.jpg
b0341140_1521409.jpg

b0341140_15221670.jpg
b0341140_15224219.jpg

b0341140_15252546.jpg

小太郎コーナー
洗濯が済むと、小太郎のいたずらが始まります。洗濯カゴの中の物を引っ張り出します。
b0341140_1529717.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-20 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)
2017年 10月 19日

2017年10月19日 伊予柑の結実 !

2014の春、畑の東側の斜面に蜜柑と伊予柑の苗木を植えました。あれから4年、今年は伊予柑の実がたくさん付きました。伊予柑の苗木は蜜柑に比べ、あまり大きくなっていません。実も今までにたった2個しか収穫できませんでしたが、今年は10個以上の実が結実しています。ネットで伊予柑の育て方を調べたところ、仕立て方、剪定、施肥、摘蕾、摘果、袋がけなどに配慮しなければいけません。蜜柑も伊予柑も植えっぱなしでしたので、ポイントごとの作業をしっかり行っていきたいと思いました。
果物情報サイトに伊予柑のことが詳しく書いてありました。
b0341140_9244183.jpg

b0341140_9245513.jpg
b0341140_9251389.jpg
b0341140_9252872.jpg
b0341140_9254053.jpg

小太郎コーナー
冬用のフカフカ布団、気に入ったようです。
b0341140_9325175.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-19 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)
2017年 10月 17日

2017年10月17日 今年も挑戦 ! 玉ねぎづくり

今までに玉ねぎを栽培した経験はありますが、球根から作るのは確か2回目になると思います。この方法は実に簡単で、土の中に球根を植えておけば、あまり手をかけなくても大きくなります。収穫は翌年の6月ぐらいになります。ただ苗で作る玉ねぎよりも大きさがやや小さめでした。味の方は大丈夫です。玉ねぎの球根植えは9月の下旬に行いました。もう畝からは緑色の芽が出ていますよ。
b0341140_633531.jpg
b0341140_6331875.jpg
b0341140_6333111.jpg
b0341140_6334520.jpg
b0341140_6335742.jpg
b0341140_6341330.jpg
b0341140_6342533.jpg

小太郎コーナー
チワワは小型犬ですが、けっこう力があります。小太郎に引っ張られてのお散歩です。
b0341140_63573.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-17 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(2)
2017年 10月 16日

2017年10月16日 ホウレン草の種まき ! 

ダイコン、ニンジンに続き、今度は葉物野菜の代表、ホウレン草の種を蒔きました。前回、トンネルハウスで上手く栽培することができたので、今回もハウスを利用することにしました。前回は種をまくとき、おおざっぱに筋蒔きをしたので、今回は間隔をあけて丁寧な種まきをしました。保存しておいた種の有効期限が2015年5月ですので、発芽するかどうか心配です。発芽したら、間引きが大切です。株間を5~7cmぐらい確保すれば、大きく育てることができます。そして、間引きの際、追肥をすることも忘れてはいけません。手間をかけたぶん、おいしいホウレン草が収穫できます。
b0341140_14314799.jpg

b0341140_1432480.jpg
b0341140_14321833.jpg

b0341140_14344444.jpg
b0341140_14345992.jpg
b0341140_14351371.jpg

小太郎コーナー
娘が小太郎に逢いにきました。娘の車が見えると、小太郎、大喜びです。今日は娘と仲良くお散歩です。
b0341140_14405785.jpg
b0341140_14411245.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-16 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 10月 12日

2017年10月12日 ニンジンの種まき ! 

ダイコンの次はニンジンの種まきをしました。畑仕事をするようになってから、一度ニンジン作りに挑戦しましたが、うまくいきませんでした。今回は土づくりも丁寧に行い、再チャレンジです。蒔く時期が少し遅れてしまいました。トンネルハウスが必要かもしれません。小さな種は蒔くとき、とても苦労します。今回のニンジンは種子は「ペレット種子」と言って、種の周りがコーティングされており、一粒一粒蒔きやすくなっています。果たして発芽するのでしょうか?
野菜作りをしていて、種まきという作業は実に感動的なひとときです。土の中に種を落としながら、作物の成長を祈ります。種に「大きくなあれ !」と声がけをしています。
b0341140_6194421.jpg
b0341140_620096.jpg
b0341140_6201493.jpg
b0341140_6202555.jpg
b0341140_6203925.jpg
b0341140_6205142.jpg
b0341140_621314.jpg

小太郎コーナー
食卓の上に前足を置き、まるで人間のようです。
b0341140_6445162.jpg

b0341140_625922.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-12 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 10月 11日

2017年10月11日 秋・冬野菜づくりのスタート ! 

9月29日のブログで秋・冬野菜づくりにむけて、土づくりを行った様子を紹介しました。土の状態も落ち着いてきましたので、野菜づくりをスタートさせました。まずは大根づくりです。一番深く耕した畝に大根の種を蒔きました。種の袋に書いてあったように、株間30cmごとに4~5粒ずつ点まきをしました。先週、野菜作り名人Aさんが畑においでになって、大根づくりの指導をしてくださいました。発芽した芽はしばらく様子を見ながら3本ぐらいに間引きして、最終的に1本にしていくそうです。発芽の様子をしっかり確認しながら大根づくりに取り組みたいと思っています。
b0341140_1612675.jpg

b0341140_16121879.jpg
b0341140_16123175.jpg
b0341140_16124337.jpg
b0341140_16125578.jpg
b0341140_16131281.jpg
b0341140_16132697.jpg
b0341140_16133892.jpg
b0341140_16135139.jpg

小太郎コーナー
おやつを食べる小太郎です。食べ物を見つめる顔は真剣そのものです。
b0341140_16222597.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-11 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(6)
2017年 10月 07日

2017年10月7日 栗の実 

7月9日のブログで我が家の栗の木の青いイガの様子を紹介しました。剪定をしたのにもかかわらず枝が伸び、若葉が茂り、花も咲き、イガもたくさんできました。今年の秋は例年ぐらいの栗の実の収穫を期待していましたが、残念ながら青いままの状態でイガがたくさん落ちてしまい、お目当ての栗の実は少ししか収穫することができませんでした。やはり剪定をしたことによる影響でしょうか?
b0341140_7191336.jpg
b0341140_719302.jpg
b0341140_7194756.jpg
b0341140_720062.jpg
b0341140_7201460.jpg

小太郎コーナー
小太郎、私がソファーでくつろいでいると、顔を舐めたり、指を甘嚙みしてきます。最近、注意をしたらやらなくなりました。小太郎の舐めたり、甘嚙みをしたりする行為は飼い主と触れ合いたい気持ちからなのでしょうか?ワンコの気持ちは分かりません。禁止するべきか、許すべきか、悩みます。
b0341140_7272353.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-07 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 10月 04日

2017年10月4日 カボチャの種

地域の方からカボチャをいただきました。さっそく煮たり、カボチャスープにしたりして、食べてみました。とても美味しかったです。調理する際、中にたくさんの種が入っていましたので、来年用の種として保存することにしました。ここで利用したのが、以前切り干し大根を作ったときに使用した干しカゴです。天日干しをすることで、簡単に種を乾燥させることができました。
b0341140_5381758.jpg
b0341140_5383052.jpg
b0341140_5384113.jpg
b0341140_5385555.jpg

小太郎コーナー
夕方の散歩から帰ってくると、いつも家内の膝の上で遠くを眺めています。
b0341140_5422051.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-10-04 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(4)
2017年 09月 29日

2017年9月29日 秋・冬野菜づくりにむけて ! 

9月の中旬、夏野菜の後片付けを終え、秋・冬野菜を栽培するための土づくりを行いました。夏野菜の栽培のために土の養分が少なくなり、土壌肥沃度が低下しております。まずは小型耕運機で土を耕し、空気を入れることで土の状態をふっくらさせます。この小型耕運機、小さいですが、パワーがあります。年に数回しか使っていませんが、一発で始動する優れものです。耕した土の上に苦土石灰と牛糞をまき、再度耕運機で肥料をなじませます。整地したあと、しばらくこのままの状態にしておきます。土づくりが終われば、種を蒔いたり、苗を植えたりして、野菜作りを始めることができます。今年は玉ねぎ、大根、ほうれん草、小松菜、白菜、ネギ、ワケギなどを栽培したいと思っています。
b0341140_6233053.jpg
b0341140_6234417.jpg
b0341140_62421.jpg
b0341140_6241618.jpg
b0341140_6242994.jpg

b0341140_6251630.jpg
b0341140_625319.jpg

b0341140_6264599.jpg
b0341140_6265796.jpg
b0341140_627973.jpg

b0341140_6361776.jpg

b0341140_6272395.jpg
b0341140_6273457.jpg

b0341140_6352476.jpg

小太郎コーナー
小太郎も彼岸花を見ながら、朝の散歩です。
b0341140_6432323.jpg
b0341140_6433792.jpg
b0341140_6435470.jpg

[PR]

by yamaboushi53 | 2017-09-29 18:30 | 野菜・果物づくり | Comments(2)